空を描く九つの魔法陣

主にノベルゲーム(主にエロゲ)、steamゲームのレビューや感想など

TOP › steam:セール・イベント情報 › 【steamセール】オータムセール2019でのおすすめゲーム!
2019-11-27 (Wed)  14:39

【steamセール】オータムセール2019でのおすすめゲーム!

Bandicam 2019-11-27 12-27-97
特設ページ(のはずですが、なぜかトップページにリダイレクトするため見れず…)→https://store.steampowered.com/?snr=1_4_autumnsale_118
※日本時間12月4日午前3時に終了

ついにオータムセールが始まりました!

今回はイベントバナーが動画になっているという非常に凝った仕様に。

例年通りSteamアワードも開催していますが、今年から?昨年のオータムセール以降に発売されたゲームのみが対象になったようなので注意が必要です。


ウィンターセールと並ぶ冬の大セールであり、できる限り安いものを載せました!


過去セールのおすすめ一覧はこちら
おすすめゲーム一覧はこちら

・CODE VEIN

アニメ調グラフィックが特徴のダークソウルライクアクション。

日本製ということで難易度も抑えられており、常に付いてくるパートナーがプレイヤー以上に強力なため、ダクソ系では最も簡単かもしれない。
非常にグラフィックに力を入れているのも特徴であり、女性陣(の胸や腋)が魅力的なのもポイント。

こちらは今回が初のセール。


・まいてつ


蒸気機関車をテーマにしたクオリティの高いノベルゲーム。

元はエロゲであり、2016年萌えゲーアワード準大賞・シナリオ賞受賞作品。
-Pure Station-はPS4移植版だが、大きな違いは不明。

本編は史上最安値以下(30%OFF→40%%OFF)。
-Pure Station-も史上最安値以下(52%OFF→53%%OFF)。


・COLLAPSED

ツインスティックとハクスラ要素の強いローグライクメトロイドヴァニア。

ローグライクメトロイドヴァニアの中でも銃をメインに使えることが特徴的であり、様々な種類の銃を使用可能。
もちろんOPによる些細な性能変化もあり、ビルドを最適化する楽しみもある。
死亡時に得られる経験値で巨大なスキルツリーをアンロックしていく楽しみも。

一方で今年8月から更新が行われておらず、一部不満点も残っているため不安が残る作品でもある。

こちらは史上最安値以下(30%OFF→35%OFF)。


・LAMUNATION! -international-

「絵と曲は良いけどシナリオがクソ」と大絶賛されたノベルゲーム。

元はエロゲであり、プレイすると定価7000円がいかに高いかわかるはず。
steam版では非常にリーズナブルな値段となっており、地雷なエロゲとはどういうものかを手軽に楽しめる作品になっている。

こちらは今回が初のセール。


・Baba Is You

ブロックを動かすことでゲームのルールすら変わる斬新なパズルゲーム。

プレイヤーを動かしていたと思ったら石になったり、気がついたら増殖したりと今までにないプレイ感を味わえる。
アハ体験を味わいたいならこのゲーム。
レベルエディターを実装予定のゲームであり、楽しみ方は無限大に広がるだろう。

こちらは最安値ならず(最安値は30%OFF)。


・Blasphemous

非常にドット絵のクオリティが高いダークソウル系メトロイドヴァニア。

中世ヨーロッパを舞台にしたかのような世界観であり、敵キャラの造形センスは素晴らしいの一言に尽きる。
アクションもスタイリッシュな動きで面白いものの、気分を悪くするかもしれない見た目の敵もいるため注意が必要。
デモ版の日本語が壊滅的であり、現在ブラッシュアップ中のため日本語対応が望まれる作品。

こちらは最安値。


・みんなのA列車で行こうPC

電車経営で街を発展させるシムゲーム。

ノーマークのゲームだったが、何を隠そうこちらの動画の影響で一気に欲しくなったほどの作品。
ワークショップにも対応しており、日本各地のマップも存在するほど。

こちらは最安値。


・Bloodstained: Ritual of the Night

メトロイドヴァニアの先駆者の一人であるIGA氏製作のメトロイドヴァニア。

ファンが望んでいたIGA製作のメトロイドヴァニアの新作であり、クオリティは文句の付けようがないほど。
探索する楽しみやアイテムを集める楽しみなども盛りだくさんであり、とりあえずメトロイドヴァニアなら本作をおすすめしたい。

こちらは史上最安値以下(20%OFF→30%OFF)。


・MagiCat

見た目に反して高難易度な2Dアクション。

定価500円とは思えないほどのボリュームであり、スピードアタックモードややりこみ要素の宝石まで存在する充実っぷり。
特に宝石は頭を捻らないと取れないものも多くやりがいがある。
ボスも序盤から一筋縄で行かないものが多く、ノーミスクリアともなるとさらに難易度が跳ね上がるため、値段以上の価値はあるだろう。

こちらは最安値。


・Bayonetta

魔女おばさんのスタイリッシュアクション。

デビルメイクライシリーズの制作陣が関わっており、スタイリッシュさは群を抜いている。
敵の攻撃を避けてスローなタイミングに攻撃を叩き込む爽快感はなかなかのもの。

こちらは最安値。


・Overdungeon

インフレが凄まじいローグライク・タワーディフェンス・カードゲーム。

いわゆるローグライクカードゲームの亜種だが、本作の戦闘はリアルタイムのタワーディフェンスとなっており作業が忙しい。
カードもインフレしやすいようになっており、PC性能を超えて増殖する羊など爽快感がある。
今回のセールに合わせてDLCが発売されたりなど、まだまだ進化する作品。

こちらはほぼ最安値(最安値は40%OFF)。


・Astebreed: Definitive Edition

2D・3Dグラフィックともに非常に美しい弾幕シューティング。

弾幕シューティングではあるが通常攻撃で打ち消せる敵弾が多く、最低難易度はかなりクリアしやすいのがポイント。
ゲーム内のプレイ画面・イベント・リザルト画面はシームレスに移行しており、一つの映画を見ているほど。
演出面が優れたEdelweiss製なだけあり、後半の演出は見もの。

こちらは最安値。


・ESCHATOS

目まぐるしいカメラワークと最初から最後まで演出の優れているシューティング。

Astebreed: Definitive Editionは後半の演出が優れているのに対し、ESCHATOSは最初から最後まで演出が良く非の打ち所がない。
名作レトロシューティングのオマージュも随所に存在し、BGMも耳に残る良いものだがスクリーンショットだけでは魅力が全く伝わらないのが残念。
一方でカメラワークの激しさもトップクラスであり、弾幕シューティングより目が疲れたため注意が必要。

こちらは最安値。


・Plantera

グラフィックのかわいらしい放置ゲー。

グラフィックが非常にかわいらしく、やることも単純でわかりやすい。
全実績解除だけなら1日あれば達成可能だが、レベルカンストまでやり込もうとすると早くて1000時間ほどかかったりと色々な楽しみ方ができる。

こちらはほぼ最安値(最安値は84%OFF)。


・One Finger Death Punch

左右から襲いかかってくる敵をカンフーアクションで倒すゲーム。

操作は方向キー左右だけと単純だが、棒人間が格好良く敵をなぎ倒す様は見ていて爽快。
元々実績ゲーをメインに販売していたデベロッパーであり、ステージ数が値段以上に豊富。

こちらは最安値ならず(最安値は80%OFF)。


・Super Meat Boy

ミートが死にまくる死にゲーアクション。

Celesteと並んで最もおすすめする死にゲーの一つであり、どちらが良いかは甲乙付けがたい。
クリアするとリプレイを見ることができ、それまで死亡したミートが怒涛のようにゴールに向かうのは見ていて快感。

こちらは最安値。


・Remyadry

非常に操作が最適化された不思議のダンジョン系ローグライク。

製作者はスピーディーな操作で定評のあるコココソフトであり、マウスだけで操作できるほどに最適化されている。
F6でミュートやMキーでその場エンカウント、戦闘は実質オートバトルなど痒いところに手が届くゲームであり、ながらプレイでも問題ないほど。
珍しくゆっくりのフルボイスな作品であり、苦手な方はボイス音量をゼロにすると良いだろう。

こちらは最安値。

最終更新日 : 2019-11-27

Comment







管理者にだけ表示を許可