steamでGrim Dawnを購入&steamの主なハクスラ違いまとめ

steamゲーム
10 /31 2017
bandicam 2017-10-31 02-15-29-022
商品ページ→http://store.steampowered.com/app/219990/Grim_Dawn/

ハロウィンセールでSpelunkyが148円と史上最安値で売り出されている中何を買おうかと迷ったところ、Grim Dawnを購入しました。
ジャンルはハックアンドスラッシュ。

少し触った感触としてはオンラインゲームに非常に近いものでした。
クエストを受注し、敵を倒し、レベルアップし、武器やスキルを強化し、またクエストを受注しの繰り返し。
もっともこれはARPG系のハックアンドスラッシュ全般の特徴ですが、好きな人はとことん嵌まるでしょう。

日本語も違和感ないレベルで翻訳されており、どっぷり世界観に浸れます。


またsteamには著名なハックアンドスラッシュが多くありますが、色々見た感じ以下のような違いでした。

PoE
最高峰とも名高いハクスラ。無料でありながら膨大すぎるスキルツリー、各ハクスラからいいとこ取りしすぎじゃないか?なほど改良さたシステムなど、非常に質が高い。
ただし最近のアップデートで要求スペックが上がったようで、steamに書いてある以上のスペックが必要なことや日本サーバーがないためラグの問題、なにより日本語非対応なため残念なところも目立つ。


トーチライト2
タイタンクエストの精神的後継作その1。
他とは異なりグラフィックがカトゥーンで表現されている。
制作陣は中毒者を多数生み出したディアブロ陣であることから見ても中毒性は高い。
ただし体感的にグリムドーンよりサクサク感が低く、ビルドの幅が他と比べたらそれほど広くなく、スキルポイントの振り直しがあまりできないなど残念なところも。


グリムドーン
タイタンクエストの精神的後継作その2。
特徴的なのはビルドの幅であり、本作ではクラスを2つ取得可能、スキルツリーもそれぞれ数本ありこれだけでかなりの数のビルドが組めるだけでなく、星座システムでさらにビルドの幅が広がって大変なことに。
最強のビルドは存在せずいずれも一長一短のためPoE並みにビルド構築が熱い。
ただし日本語化が少し面倒で、現在は日本語wikiから公式スレッドに行って手動インストールしかない様子。
さらにはバージョン完全対応でないとだめだったりと他に比べて面倒な面も。
少し前初の拡張DLCが発売しボリュームが更に広がったものの、各種MODが使えないなどの弊害も出ている(もっともこれはどのゲームも同じだが)。


タイタンクエスト
古典的名作ハックアンドスラッシュ。
上記後継作などは本作を元にして改良しているため、上の者に比べたらいささか質はおとりがち。
とはいえ名作であることには違いないため、やりたいものがなくなった時に買うと良いだろう。


と言ったところ。
前述の通りGrim Dawnはビルド幅が非常に膨大のため、初期クラスですらどれを取ろうか迷うほど。
武器に関してもスキル制限はあるもののクラス制限はないため、自由度が高すぎて迷いがち。
幸いwikiにビルド例一覧があるため、まずはこれを見てビルド構築すると楽。

またキーコンフィグが少し見慣れないタイプのため、wikiのおすすめキーコンフィグを参考にすると楽になるでしょう。


とりあえずはこんなところかな。
とにかくビルドの幅がものすごいです。
ではまたー
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント