景(ひかり)の海のアペイリア

ノベルゲーム:商業ソフト
08 /20 2017
8章9_
未来に、たどり着け。

→商業PCノベルゲームのおすすめ一覧はこちら

→景(ひかり)の海のアペイリアの感想と考察はこちら※ネタバレあり

ということで景(ひかり)の海のアペイリアをクリアしました!
Twitterで非常に宣伝されていたためなんとなく購入した本作ですが、内容は非常に良かったです。

本作はタイムリープを主軸とした作品であり、そこに現実と全く同じに感じる完全没入型VRMMOが関わってきてややこしくなる作品。

よくあるタイムリープして誰かを救う、だけでなく本作は敵の目的や正体が全く不明であり、かつVRMMOといった仮想現実も関わってくるためタイムリープを行っても謎が解けたと思ったらさらに謎が深まるという面白い内容でした。


実際私もある程度までは当てることが出来ましたが、最終ルートの終盤に関しては完全に予想外で驚きました…
その終盤に関しても超展開などではなく、序盤から伏線があったりと全体的に伏線が散りばめられていて面白かったです。


逆に言うと新しいタイムリープの形であるため、それなりの理解力がないと全て理解できないでしょう。
二重スリット実験やデコヒーレンス減少はわからなくても問題ないですが、終盤で明かされるタイムリープの仕組み、そして真実に関してはそれなりの理解力がないと全く話についていけないと思います。

選択肢に関してもわかりやすいものがほとんどのため、戸惑うことはないでしょう。


なおシステム面でやや難があり、パッチを当てたら些細なバグが発生したり(環境依存?)、ミュージックモードが使いづらかったりセーブのメモが使いづらかったりと少し残念な点も。
これらの点が改善されればより良くなったので少し残念。



ただしシナリオだけで見ればかなりの良作であり、これから起こる未来の可能性や新しいタイムリープに関しての考察も面白いため、この手のものが好きな方は買うべきでしょう。


とりあえずはこんなところかな。
非常に良いシナリオでした。
ではまたー
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント