仮想メモリの最適値について

PC関連
05 /12 2017
物理メモリが足りない時に使うこともある仮想メモリ。
この仮想メモリのサイズはカスタマイズで任意の値にしたほうが良いことが多いですが、一体どれくらいの値にしたほうがいいのかわかりにくいです。

軽く検索しても、「物理メモリの1倍~1.5倍あれば良い」だったり「物理メモリの2倍~4倍あれば良い」だったり、そもそも「仮想メモリを使わないほうが速くなる」という意見もあったり、どれを参考にすべきかわかりません。


そんななか最適値であろうと思われる数値を載せているページが見つかりました。

詳細ページ→https://www.lifehacker.jp/2009/12/091216windowspagefile.html

このページによると「仮想メモリは最低でもピーク分はカバーできるだけ確保し、最大でもピーク時と物理RAMの差分x2が適正サイズ」とのこと。
わかりやすく言えば

物理メモリ:8GB
最もコミットを使用していた時の量:12GB
※コミット:物理メモリ+仮想メモリ。参照方法などはこちら

の時、

仮想メモリ:12GB - 8GB = 4GB(余裕を持ちたいなら5GB)

が適切とのこと。

また仮想メモリは初期サイズと最大サイズがありますが、(少しソース不足ですが)どちらも同じ値にしたほうが良いでしょう。


試しにこの方法で仮想メモリを設定したところ、コミットは2GB、物理メモリ使用率が10%近く減りました。
調べた限りではこの数値以外に根拠のある数値がなかったため、現時点ではこの数値が仮想メモリの最適値ではないでしょうか。

お金に余裕があるならサイズの大きいメモリやSSDにしたほうが良いらしいため、そちらも試してみては。


とりあえずはこんなところかな。
なかなか根拠のある数値がありませんでした。
ではまたー
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント