steamゲームで返金されるまでの時間はプレイ時間に比例する?

steamゲーム
12 /29 2016
最近steamゲームを返金することが多くなりました。
理由はゲームパッドで動かなかったりスペックが足りなかったり様々ですが、一つ気がついたことがあります。

それは「返金対応までの時間はゲームのプレイ時間に比例して長くなるのではないか」ということ。


steamゲームが返金可能な条件として「購入して2週間以内」かつ「プレイ時間(正確には起動時間)が2時間以内」というものがあります。
私の場合購入して即日返金要請がほとんどなので前者はわかりませんが、後者については以下の通りになりました。

・価格1980円 プレイ時間8分 約1時間後に返金

・価格740円 プレイ時間40分 約3時間後に返金

・価格340円 プレイ時間116分 約2日後に返金

ご覧のようにプレイ時間に比例して返金対応までの時間が長くなっています。
価格に逆比例しているようにも見えますが、他の場合(価格740円 プレイ時間8分 約1時間後に返金)も考えるとその可能性は低そうです。


steamはワールドワイドなサイトのため、返金対応を手動で行うには費用がかさみ過ぎます。
そのため条件に当てはまるものから返金するプログラムを組んでいるのだと思うのですが、さらに条件としてプレイ時間が短いものから返金しているのではないか、という推測。

もちろんこれらは憶測にすぎないですが、返金するならできるだけプレイ時間が短いほうがすぐ戻ってきてお得かも。


とりあえずはこんなところかな。
今まで2日後に返金されたことはなかったので驚きました。
ではまたー
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント