どらぺこ! ~おねだりドラゴンとおっぱい勇者~をプレイした感想

ノベルゲーム:18禁
11 /14 2016
4章12_私の知らない間に百合展開きてます?
ということでどらぺこ! ~おねだりドラゴンとおっぱい勇者~を完全クリアしました。

制作はアリスソフトですが、遊べるエロゲ―というよりノベルゲームのようなゲームです。
スクリーンショットを見た感じ六角形のマスを移動していくように見えますが、実際はノベルゲームにおける分岐などをフローチャート化しただけ。

ただし本作はかまいたちの夜のようにバッドエンドが多く、バッドエンドになるたびに経験値が入って成長するという珍しいシステム。
特定のアイテムを持っていると出現する選択肢もあり、案外縛りプレイができそうな感じ。


肝心のシナリオは可もなく不可もなくと言ったところ。

前半のエストとお化け屋敷の騒動は非常に良いです。
遊びほうけていたエストが城を追われて下層街に追いやられ、下々の生活を初めて知り、徐々に信頼を築き成長していく様はなかなかのもの。

一方後半のドラゴン祭りからは各キャラの描写が少なかったこともあり、今あるキャラに裏設定を持たせて無理やりやった感がして残念。
また某鬼畜王でも見た実は真の黒幕がいるんだよ!神様がどうのこうのというどこかで見た設定もかぶっていて残念。
ラスボスクラスのキャラが複数体いるのにほとんど戦わずイベントシーンで終わらせたのは残念(逆にイベントシーンのアルマvsエストは非常に燃えました)。

ただし最後に解放される真ルートはロリコン歓喜の最後の締めくくりにふさわしいなかなかの出来でした。
終わり良ければ総て良しとはまさにこのこと。

またパロディが結構多く存在し、わりとわかりやすいように表現しているので楽しめました。

なお一般的なエロゲ―よりホモ要素が多分に含まれているため苦手な人は注意すること。


システムに関してはそれほど問題なかったのですが、いわゆるセーブスロットが一つしかないため気に入ったシーンを保存しにくいのが残念。
マスごとのシナリオもシナリオ名が付いていないため、見たかったシーンをすぐに見れないのが残念。


とりあえずはこんなところかな。
最後の真ルートが良かったです。
ではまたー
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント