ヨスガノソラ一挙放送を視聴した感想

アニメの感想
09 /17 2016



ということで伝説と名高いヨスガノソラ一挙を視聴しました。

本作はグラフィック・BGM・シナリオのいずれも非常にレベルが高く、さらには一般アニメなのにエロも実用レベルでレベルが高いという稀有な作品。
一般アニメにもかかわらず原作のエロゲよりもエロいともっぱらの評判。

0時から始まったにもかかわらずコメント数が群を抜いており、3日までの平均コメント数は5万(来場者数2万ほど)、最終日に至ってはなんと来場者数の5倍の10万コメントにも。


本編のほかにCパートも気合が入っており、ギャグテイストが強い内容と思いきや最後はしっかりまとめたり、ED2も日常風味ながら実は全ルートのネタバレをしているうえにエロいなど全般的に良かったです。

伝説の11話、玄姦、ヨスガるで有名な本作ですが、それを抜きにしても非常にレベルが高い作品。
特にBGMはかなりよく、サウンドトラックがほしいところ(来週発売のBDBOXには入っているようです)。


ただ本作はオムニバス形式のため複数ルートが入り混じった内容となっており、話数の順番通りに見ると混乱するのが残念。
その点今回の一挙やBDBOXでは各ルートごとに視聴できるようになっており、非常に良かったです。

11話が非常に有名ですが、最終話となる12話は少し賛否両論だったり考察が必要な内容と少し残念。
特に入水→列車で離れるの間のシーンが省かれている上、作中では妄想シーンも複数出てきたため、これは現実か妄想なのかなど戸惑うことに。
もっとも12話のCパートはきれいに終わっており、ある意味これが救いでした。

またラストの展開は原作では異なるとのことなので原作も気になるところ。


とりあえずはこんなところかな。
アニメでは終始報われなかった委員長ですが、原作のFDでは報われるらしいので期待。
ではまたー
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント