Risk of Rainをある程度遊んだ感想

steamゲーム
09 /14 2016
ということである程度Risk of Rain(http://blueclearwind.blog.fc2.com/blog-entry-2745.html)を遊んだので感想を。

まず最初に言いたいのは、クリアを目指すにはある程度キャラやアイテムを解放してからにした方が良いということ。

キャラに関しては、初期キャラのコマンドー(Commando)ではクリアが絶望的に厳しいです(玄人でないとかなり厳しい)。
逆にエンジニア(Engineer)は最初のステージだけでも解放できるうえにいずれのスキルも非常に強力なので、未クリア段階では最もクリアに近いキャラかも。
アイテムに関してはそれほど重要ではないですが、Dio's Best Friend(死亡しても復活する)など有用なものは解放しておいた方が良いかも。


また本作は時間経過でどんどん敵が強くなる半面味方はそれほど強くできないため、ひたすらテレポーターを解放していかないときついです。
そのため短時間で広範囲を見渡せるため、ズーム倍率は1がほぼ必須。
始めは慣れないかもしれませんが、遠くにある宝箱なども確認できるためかなり便利。


上記のエンジニア(Engineer)を使用した場合、最初のステージはすぐにテレポーター解放で問題なし(これでだいたい3分クリア)、次のステージからはテレポーター解放+少しアイテムを集めつつ先へ。
ただし時間経過による難易度上昇のせいで最終ステージの難易度がかなり高くなっているため、二週ぐらいしてから最終ステージに行った方が良いかも。

対ボスや大量の雑魚敵と戦う場合は、ボスに対しては地形貫通攻撃がかなり便利。
雑魚敵は地形貫通攻撃のほかジャンプしながら移動するとさらに攻撃が当たりにくくなり、中でもハイジャンプする水柱に乗りながら攻撃するとかなり攻撃が当たりにくいのでお勧め。
また気が付きにくいですが、水柱でハイジャンプするときにスペースキーを押しっぱなしにするとさらに高く飛べます。
これを使わないと詰む場合もあるため注意。

とはいえこの方法でも通常難易度でクリアできず・・
やはりアイテム運が結構絡む様子。


ちなみにマップに関してはどのステージに行くかは少しランダムなものの、マップ自体は完全に同じです。
そのため最終的には「同じマップでひたすらテレポーターと宝箱などを探し続けるゲーム」となり、マップやアイテムも既視感を覚え始めて全体的にランダム要素が薄れるため、飽きる人は飽きるかも。
また必然的にキャラグラフィックがほとんど見えない状態でプレイするため、グラフィックにも期待できない感じ。
逆にやりこめば一度の通常攻撃で大量の誘導弾を射出するなど一人VS大量の敵などの無双プレイもできるため、そういう人には向いているかも。

ただ前述の通り最初はクリアが絶望的に厳しいコマンドー(Commando)でのプレイ+アイテム多数未開放のため、しばらくは忍耐力が必要。


とりあえずはこんなところかな。
最終的に同じマップを延々と周回するだけになるため、それが残念でした。
ではまたー
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント