僕と君の夏休み

ノベルゲーム:フリーゲーム
07 /27 2016
僕と君の夏休み
※画像をクリックすると公式サイトに飛びます。

→一般PCノベルゲームのおすすめ一覧はこちら

ということで僕と君の夏休みを全ルートクリアしました!
夏休みをテーマにしているだけあって、さわやかでよかったです。


●概要
幼い頃に過ごした島に戻ってきた主人公とヒロインたちのひと夏の思い出。

VIPの本気ということで、OP、演出、BGM、システムなどいずれも同人ゲームに劣らない出来。
VIP製とのことで2chネタも少々あり、硬い文章もなく、プレイ時間も短いためサクッと楽しめるはず。

ルート分岐も非常にわかりやすく、8/14から目当てのキャラを優先的に選ぶだけでそのキャラのルートに行けるため安心。

演出面はかなり良くて、OPの演出はもちろん、作中で蛍が舞うシーンでは実際に舞ったり、花火が上がっているシーンでは立ち絵が花火の色の影がかかったりとかなりの出来。
中でも花火の演出は商業作品でも見ないほど稀なのでは。


●グラフィック
おおよそ平均的なレベルだが一条楓関連のグラフィックの出来がずば抜けている。

絵師のレベルがばらけているためそれぞれのキャラのグラフィックの質に差が出ているのが残念。


●BGM
夏らしいさわやかなBGM。

OP・EDともに歌あり、ED曲はそれぞれのルートごとに違うなど盛りだくさん。
ただしED曲は雰囲気に合っていない曲が多かったのが残念。


●システム
一般的な左クリック・エンターキーで文章送り、ctrlキーでスキップなどは完備。

他にもノベルゲームの設定は一通りそろっているほか、各種演出・各種確認のオンオフなどかなり細かく設定できる。

またフリーゲームのノベルゲームでは珍しく、イベントごとに振り返りが可能。


●ストーリー
幼い頃に過ごした島に戻ってきた主人公とヒロインたちのひと夏の思い出。
それほど長くないためサクッと楽しめる。
グラフィックと同様、ヒロインによってシナリオの出来に差があったのが残念。


・小翠紗耶
メインヒロイン。
なのだがシリアスの話が短いため、感情移入しづらいのが残念。

・常葉あやめ
同様にシリアスの話が短いため感情移入がしづらいのが残念。

・常葉もも
全ルート中もっとも夏らしいルート。
シリアスもさくっとしていて読みやすかった。

・八幡清理
可もなく不可もなく。
ただし一番燃えた。

・一条楓
真のメインヒロイン。
主人公の過去がはっきりわかったり、シナリオが他ルートに比べて長かったり質が高かったり、エピローグで全員のラストが描かれていたり、ラストのイラストが動いたりと全体的に見ても高品質。
感動的なシーンや名言もあり、まさに僕と君の夏休みの最後にふさわしいルート。

ラストのイラストが動くのは紗耶ルートと楓ルートだけ、前述のとおり楓ルートで多くの謎やエピローグがわかる、最終イベントの名前が「終章」になっているなどから考えて紗耶がメインヒロインなら楓は真ヒロインと言っても良いのではないだろうか。


●キャラクター
ヒロインは幼馴染、年上、ロリ、巫女、幽霊とバラエティに富んでいるほか、サブキャラクターも個性が出ていて良かった。


●まとめ
システム面が非常に豊富だけでなく起動中画面もオリジナルの画像を使うなど、まさにVIPの本気にふさわしい作品。
立ち絵やシナリオの差はあるがそれを抜きにしても夏休みを感じられる良い作品。
総プレイ時間もそれほど長くないため休日にサクッと楽しむのにおすすめ。


とりあえずはこんなところかな。
非常に夏らしくて良かったです。
ではまたー
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント