AIRの一挙放送を視聴した感想

アニメの感想
06 /27 2016
TSページ→http://live.nicovideo.jp/watch/lv267118722

ということでAIRの一挙放送を視聴しました。
先日のKanonの一挙放送に引き続き、10年前の作品だけあって視聴者の平均年齢が高かったです。
反面、初見の人もそれなりにいてバランスはとれている感じ。

さて感想ですが、シナリオ、キャラ、BGM、色合い、演出、曲などなど全てにおいて非常にレベルが高かったです。
感動的なシーンがいくつもあるほか、伏線も良くできており秀逸。

内容では前半では4話、6話が非常に良かったです。
そして9話最後での伏線に衝撃。終盤の物語には号泣必死。
そしてそして最後の最後の伏線回収にはさらに驚きました。
12話でここまで盛り込んだ作品は他にないと思います。

またテンポも非常に良く、12話一気に見ても疲れなかったのはひさしぶりでした。
一話一話も非常に内容が濃く、複数ルートのエンドを描いているにも関わらず12話にまとめたのはさすがの一言。
本編のほかに総集編、特別編もあるのですが、今回の一挙放送ではなかったのが残念です。

シナリオは素晴らしいのですが、明確に真相が書かれていない場面もありやや難解のためわかりにくい人がいるかも。

とりあえずはこんなところかな。
原作はさらに素晴らしい上にボリューム満点らしいので、是非ともプレイしてみたいところ。
ではまたー
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント