STELLAVANITY - Prelude to the Destined Calamity -購入&プレイした感想

日記
04 /22 2016
同人ゲームを探しているとSTELLAVANITY - Prelude to the Destined Calamity -(リンク先はSJISでないと文字化けするため注意)という面白そうなシューティングがあったので購入してみました。

ジャンルは縦弾幕シューティングですが、特徴的なのは画面が非常に華やかなこと。
敵弾もスコアアイテムも複数の色で構成されているため、非常に綺麗です。

シューティングとしての質は「一般レベルの」難易度から上級者向けの難易度まであって良い感じ。
さらには自機がレベルアップしたり装備で強化出来たりメダル(実績)システムがあったり、なんと隠しボスも3体いたりとやりこみ要素も豊富。

とりあえずクリアを目指すならリミュレーネのS装備(オートボムON)でホーミングをぶっぱなしておけばだいぶ楽です。
本作のオートボムはボム消費が1(食らいボムは2)のため、これを使用すると非常に硬くなります。
ただこれで簡単になるかと言うと、ステージ7後半で(最低難易度ですら)鬼のように雑魚が弾を出してくるのでプレイヤーにそれなりの力量が必要かも。

ちなみにもう一機のアゼルリートは移動速度がかなり速い(というよりリミュレーネですらそれなりに速い)ので最初はお勧めしにくい感じ。

シューティングとしては自機の強化がそれなりに豊富だったり、やりこみ要素もあるのでお勧めの作品。
もっとも難易度はそれほどやさしくなく、最大の欠点であるBGMがそれほど良くないのでその点に目を瞑れば問題ない感じ。


とりあえずはこんなところかな。
しばらくはやりこめそうかな。
ではまたー
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント