劇場版selector destructed WIXOSSを見た感想(ネタバレあり)

アニメの感想
02 /13 2016
TV版を見てからの視聴をおすすめします。

ということで劇場版selector destructed WIXOSSを見てきました。

ただ内容は・・一言でいうなら、TV版の内容の合間にウリスの内容が入った感じ。つまり大筋に変化はないです

公式サイトには「別のストーリーが展開していく」などといかにもifルートみたいな感じで書かれていますが、実際は90%以上TV版と同じでした。

ただ良い点もあって、具体的な良い点と悪い点は以下の通り。



<悪い点>
・前述の通り、ほぼTV版と同じ内容。
新しいウリス(とるう子の過去)に関する内容も細切れに入っているだけで、感情移入しにくい。

・一期・二期ともにかなり内容をカットして編集して繋げている。そのためTV版を見ている(か内容を知っていないと)まず話が理解できない。

・雰囲気が暗かった一期、謎が解けていく二期と比べて劇場版は中途半端な感じ。というのもものすごい速さで一期と二期をおさらいしていくため?

・他に

・願いが反転して記憶を失う説明なし
・一衣の願いが反転して友達を一生得られない説明がないためselectorとして復帰する理由が不明
・ふたせ 文緒の存在が抹消されている
・ちよりとエルドラは伊緒奈に敗北する戦闘ぐらい(あとラスト)。特にエルドラのギャグ声は一切なし
・香月、小湊歩、小湊ハツはじっくり見ないと存在したかすらかあやしい(特に歩は過去編にしかいなかったような?)
・繭が(おそらくるう子を)特別なselectorと称するも、特に何もなし
・白窓の部屋、シロとクロの存在の説明なし
・終盤白窓の部屋へ行くのだが、その説明が省かれているため突然最終決戦に行った感じ。
・イオナにユキと名付けたシーン省略
・冒頭に白窓の部屋が水没しているシーンがあるが理由不明(少し前にハナレがその水に水没するシーンがあるが、ハナレが闇に沈むことを暗喩しているかもしれない・・が、繭はそこまで優しい人ではなかったような・・)
・幸の病院で寝た切りの理由がselectorバトルのせいで自殺未遂とたぶん一番の被害者(加えておそらくその頃本来の幸はルリグになっているため、自殺したのは元々幸のルリグだった可能性が浮上)
・ラストでお互いルリグとなった留未と幸が亜空間にいるシーンがあるが、TV版のように留未は消滅していた方が幸せだったような・・


<良い点>
・TV版ラストのタマ(人間)が笑顔になるシーンの後、るう子との再会シーン(や人間となった花代や緑子の会話シーン)が追加されている。特にタマとるう子の再会シーンは非常に良かった。

・主題歌が非常に良い(なのに使われたのはスタッフロールだけ・・)。


こんな感じ。
文字通り総集編+αな内容でした。
特にウリスの過去が取って付けたような感じだったので、90分ではなく120分とかにして内容を充実させた方が良かったような・・


とりあえずはこんなところかな。
主題歌とラストは良かったので、それまで我慢できるかどうか・・
ではまたー
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント