咲-saki-を14巻(現状での最新巻)まで一気読み

本や漫画の感想
12 /15 2015
ちょっと気分転換に咲-saki-を14巻(現状での最新巻)まで一気に読んできました。

きっかけは2chのこの記事を読んだから→「咲-saki-」とかいう超能力麻雀漫画の能力者が強過ぎる件wwww

麻雀と言えばやっぱり現実的になるけど、咲-saki-は上のスレのように一見現実的に見えて超能力が飛び交うのが良かったです(明言されるようになるのは10巻以降からが顕著で、場の支配系が云々普通に言っています)。

私はある程度麻雀は知っているけど、麻雀を知らなくても楽しめる良い漫画だと思いました。


というか、小林立先生の描かれる女性が非常に魅力的なのですよ!
全体的にかわいいし、胸も真円っぽくて美しいし、ロリキャラも魅力的(具体的には天江衣)。
なにより履いてないのがいい!私は変/態大歓迎なので女の子が履いてなかったり付けてないのは非常に良かったです!



阿知賀編はまだ読んでないので機会があれば読もうかな。


とりあえずはこんなところかな。
咲-saki-はまだ完結してない漫画なので、主人公がどうやって姉を超えられるのか楽しみ。
ではまたー
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント