Campus Notes vol.2

ノベルゲーム:フリーゲーム
07 /04 2015



よりわかりやすい一覧を公開しました!




bandicam 2015-07-02 10-08-22-754
※画像をクリックすると公式サイトに飛びます。

bandicam 2015-07-02 10-01-26-430
※画像をクリックすると公式サイトに飛びます。

この作品の評価 C

評価基準→
評価したソフト一覧→

今回紹介するノベルゲームはCampus Notes vol.2


Campus Notes vol.2は筑波大学を舞台としたとある軽音メンバーの物語。


vol.2となっているがvol.1とは時系列が違う物語になっているため、本作だけで問題なく楽しめる。








●概要
実際の筑波大学を舞台とした架空の軽音サークルのメンバーが繰り広げる物語。
背景には(おそらく)実際の筑波大学構内を使用しており、筑波大学がどのようなところか窺い知ることができる。

ただ後述の通りシステム面にやや不備があり、システム面でマイナス評価という珍しい作品。

公式サイトにも紹介サイトにも書いてないが、本作はいくつかのルートがあり、現在アイカ・陽・四駆の3ルートを確認。
特に四駆ルートは物語の真相に関わるので注意が必要。

肝心のルート分岐は結構わかりやすい選択肢があるので間違える可能性は少ないだろう。

また紹介サイトにはプレイ時間10~14時間とあるが私の読み方で6時間程度だったのでせいぜい8時間が主なプレイ時間だろう。


●グラフィック
立ち絵、CG、背景全てそれなりにレベルが高い。

ただ立ち絵の枚数も少なく、CGも数枚程度。
絵のレベルは決して低くないのでもっと数があっても良かった(たまに立ち絵と文章が合っていない時がある)。

またCG鑑賞ができないためお気に入りのCGのところではセーブすると見返すのに便利。


●BGM
可もなく不可もなく。
ボカロ曲(ボーカル曲ではない)もあるのだが音量が小さく(特にOPは音量が小さい上に音量変更不可)サウンドテストもないので残念。


●システム
一般的な左クリック・エンターキーで文章送り、ctrlキーでスキップなどは完備。

セーブ・ロード・ウィンドウ消去・履歴表示・オートモード・ゲーム終了・既読スキップ・テキスト速度変更・ボリューム変更・フルスクリーン⇔ウィンドウモードなどノベルゲームとしてほどんどのことは可能。

ただ一部機能が(ちょっとわかりにくい)ショートカットキーを採用しているほか、デフォルトの音量が小さめ。

他にもセーブ・ロード画面ではマウスカーソルが一番左上の項目に自動移動したり、セーブ・ロード画面から前の画面に戻れない時があったり(具体的にいうとマウスカーソルが何か指している時)、Twitterやメールのバックログが空白となり読めなかったり、完全な黒背景の時の文章表示の時はセーブなどが不可能だったり、一文が長すぎる場合バックログでは見切れていたり、(OPではなく)作中のPVがエンターキーで容赦なくスキップできてしまったりなど色々不具合が目立つ。

特に残念なのはOPムービーであり、これほどの出来でありながら音量が小さく音量変更不可という点が残念極まりない。


●ストーリー
序盤はよくある軽音部に入ってみた物語。
ただ所々伏線が張られているように中盤以降は普通の軽音物でなかったり、衝撃の展開が待っていたりする。

なお一部選択肢を選ぶとゲームオーバー一直線なので注意すること。


●キャラクター
メインの登場人物が男2人、女性3人(軽音サークル外も含めると+女2人)とバランスが良く、各キャラも立っているので良い感じ。

ただ男2人の立ち絵がほぼないほか名前もそこまでわかりやすいとはいえないのでどっちがどっちか間違えないように注意。


●まとめ
システム面の不備が目立つが、絵・音楽・文章のいずれも特に悪くない作品。
しいていうなら絵が結構良かったのでもっとパターンが合っても良かった。
ただやはりシステム面の不備は否めない。
そのため本作の評価はCとさせてもらった。


以上ー
システム面に目を瞑ればそれなりの良作です。
ではまたー


2015/7/5 10:45 文章追加
プレイ時間について追記。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント