CounterAttackで初めてのオンラインプレイ&各アップグレード詳細

steamゲーム
01 /31 2017
bandicam 2017-01-31 20-40-23-421

ということでCounterAttackで初めてのオンラインプレイをしてきました。

感想を一言で言うと、世界は広かったと言ったところでしょうか。

現状私の装備はロケット強化で弾幕を放ちゴリ押しするスタイル。
ところがオンラインの他の方はグリッド攻撃に近接レーザーが主だった感じ。

なぜ装備が違うのかというと、私の装備ではある程度今日かっしないと強くない一方オンラインの他の方の装備ではそれほど強化しなくても強いということ。

まずグリッド攻撃はスイッチブラスターの武器でスプレッドの代わりに撃てるようになりますが、これが結構広範囲で強い感じ。
加えて腐食性メゾンの武器を装備することにより継続ダメージが与えられるためより火力アップ。
近接レーザーは一見近接攻撃ですが、実はレーザーで弾消しが可能。
そのためこれ以上ないバリアとなり非常に協力になります。
強化項目もスプレッド、メゾン、アドオン(+スピードなど)に絞れば良いため経済的。

これまで敵弾を防ぐ方法はバリア、僚機で防ぐ、ドローンのみでしたが、近接レーザーならそれよりも役に立つ感じ。

とはいえまだまだ知った段階なので今後さらに装備を突き詰めて強くしていきたいところ。

ちなみにオンラインプレイヤーは欧米圏に多いようで、深夜帯ならある程度人がいる様子。

続きを読む

スポンサーサイト

CounterAttackのストーリーモード(難易度イージー)をクリア

steamゲーム
01 /28 2017
bandicam 2017-01-27 20-40-23-420

ということでCounterAttackストーリーモード(難易度イージー)をクリアしました。
機体は弾幕重視のスローン大佐。

bandicam 2017-01-27 20-40-23-421
最終的な装備はこんな感じ。

bandicam 2017-01-27 20-40-23-419
撃つとこうなります。


モジュールはそれほど重要ではないですが、武器は結構大切な感じ。
いずれもロケット重視の装備で、上から

ロケット複数追加
ドローンの攻撃をロケットに
(デフォルトのホーミング)ロケットを直進ロケットに

と言った感じ。
盲点なのは3つ目で、この武器は序盤に入手できるもののかなり強いです。
デフォルトのホーミングロケットは追尾はするものの連射力がなくそれほど強くなく、また道中の敵がかなり多く役に立ちません。
ところが直進ロケットになったとたん連射力が上がり、かつロケットの攻撃力の高さもそのままなので一気に主力武器に。
2つ目も序盤に入手できるため、この二つがあれば結構楽になりそうな。
またメインウェポンだけだとそれほど火力は高くなく(機体によってはさらに下がりほぼ役に立たず)、ロケットを複数増やし火力を増やさないと敵数に押し負ける可能性が。
また最終ステージの終盤になると回避不能な弾幕がやたらめったら飛んで来るため、ドローンを増やして被弾無効回数を増やすのも大事。

続きを読む

カテゴリを折りたたみ式に変更

日記
01 /28 2017
ということで冗長だったカテゴリを折りたたみ式に変更しました。

本当はリンクも同じようにしたかったのですが、折りたたみ式のプラグインが同作者様のしかなく、両方入れると競合して上にある方?の折りたたみ機能がうまく働かないため断念。
またカテゴリの方の折りたたみマークのcssはリンク切れして表示されないようになっているため、リンクの方の折りたたみプラグインからcssの記述を持ってきたりと大変でした。

作者様はすでにプラグインの活動停止をされており、今後リンクの方の折りたたみプラグインのcssもリンク切れになる可能性があるため、いずれは自作で作りたい感じ。


とりあえずはこんなところかな。
もう少し利便性を上げたいところ。
ではまたー

steamでCounterAttackを購入

steamゲーム
01 /27 2017
bandicam 2017-01-27 20-40-23-319

商品ページ→http://store.steampowered.com/app/451600

ということでCounterAttackを購入しました。
ジャンルはグラディウス系+αシューティング。

パワーアップ方式にグラディウスのパワーアップアイテムを取っていくごとにパワーアップが変わる方式を採用しているほか、装備で自機をカスタマイズできたり自機が6種類あったりとバラエティに富んだシューティング。

パワーアップは無限に行える?ため、自機強化が楽しみなゲーム。
装備はボスを撃破するとランダムで?入手できるため装備を入手する楽しみも。

パワーアップ内容はある程度わかりますが、わかりにくいものは以下の通り。

ドローン オプション追加+被弾一回無効
アドオン パワーアップ上限を1つ伸ばす
ライフ 残機1つ追加

通常弾だと上下後ろ方向の攻撃手段がないため、サイドは最初に取ると楽です。
またミサイルはホーミング性能があるため案外役に立ったり。
ビームはたまにビームを放つ?ようですがよくわからず。
メゾンとプラズマは効果不明。

チュートリアル後、真下のエリアに進むと各オプションの詳細を知れるので確かめてみては。
パワーアップ一覧を書き出しました。

続きを読む

ほぼ全DLCを購入

ネプテューヌシリーズ
01 /24 2017
bandicam 2017-01-24 07-03-18-336

bandicam 2017-01-24 07-04-59-843

商品ページ→http://store.steampowered.com/bundle/1340/

ということで超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1のDLCをほぼ全て購入しました。
購入していないDLCはデスクトップアクセサリーとサウンドトラック、イラスト集なのでゲーム内コンテンツはすべて購入した感じ。


購入したDLCは6つですが、大きく分けるとプレイヤーキャラ追加とレベル上限解放etcの二種類。
前者は女神化可能なキャラが第2章から加入できるキャラがいるため、役に立つでしょう。
加入レベルは1ですが、後衛に置くことで戦わずシて経験値を得られるのでレベル上げもそれほど難しくない感じ。
ちなみにイベントでネプテューヌが女神化してバトルになる時は加入キャラも女神化した状態でバトルになります。
これはちょっと嬉しいかも。
後者はあくまでやりこみ要素と言ったところ。

加入したキャラは回復と一撃特化タイプであり、コンパとアイエフと置き換えても使える感じ。
女神化もあるためボス戦も問題なさそう。
イストワールに関しては第7章加入なのでまだまだ先の様子。


steam版ネプテューヌシリーズは3作出ていますが、一作目の本作が一番DLC要素が多い感じ。
残りのDLCはイラスト集が気になっているため、購入しても良いかも?


とりあえずはこんなところかな。
DLCがあってもなくてもやりこみ要素が豊富そうです。
ではまたー

現在ジャネッターで使用しているプラグイン一覧

Twitter
01 /22 2017
現在Janetterに入れているプラグインをまとめました。
大半は利便性が増すものですが、中でも140字を超えても表示可能、pixiv・Instagramの画像表示が可能になる、公式Twitterの絵文字表示は不具合修正に等しいため入れておいたほうが良いです。

2017/1/30 23:30 絵文字プラグイン(新)を追加


<基本的なこと>
API非対応のもの(アンケートなど)は規約違反になるためプラグインどころか非公式クライアントでは使用できない模様。
同様の理由でプロフィール内のツイート表示が非対応なものも。

<他に便利なプラグイン集まとめ>
https://www44.atwiki.jp/janetterref/pages/59.html
http://www.emeraldshell.com/Janetter/index_ja.html
http://www.colorless-sight.jp/wiki/?cmd=read&page=Tips%2FJanetter



<使用しているプラグイン一覧>
・プラグイン作者からのお知らせ
プラグイン情報を入り覧表示、更新履歴がわかる

・改行するとツイート欄が広がるプラグイン
タイトル通り。
長文ツイートを打つ場合、デフォルトだとツイート欄が狭いため便利。

・下書き保存要否設定を恒常化するプラグイン
タイトル通り。

・expand_tweet_url.js 改変版
ツイート内の引用URLを展開するプラグインの改変版。
これまで表示されなかった画像付き140字超えツイートがこれにより表示されるようになる。
ただしプロフィールのツイート、検索結果やリストはAPI非対応のため反映はされない模様。

・お気に入りに追加してリツイート
ふぁぼとリツイートを同時に行いたい場合に。

・絵文字プラグイン(旧)
公式Twitterで使用している絵文字がジャネッターでも表示されるようになる。
他の利点として「公式Twitterで使用している絵文字がツイート内に含まれる場合は末尾のハッシュタグがおかしくなる不具合」があったが、このプラグインを用いることにより解決された模様。
解決されていない様子。
DL先がaxfcで消えやすいため注意。

・絵文字プラグイン(新)

絵文字プラグイン(旧)の改良版。
より多くの絵文字に対応したほか、アカウント名の絵文字表示にも対応。
絵文字プラグイン(旧)とは競合するため注意。

続きを読む

Tadpole Trebleの全通常ステージクリア

steamゲーム
01 /21 2017
bandicam 2017-01-21 06-44-19-701

ということでTadpole Trebleの全通常ステージをクリアしました。
クリア時間は3時間ほど。

基本的には問題なくクリアできましたが、ジャングルと最終ステージは攻略法を知らないとクリアできないので大変でした。


ジャングルは4部構成の作りとなっており、

・1部
ピラニアが出っ張ってくるが特に問題なし。

・2部
たまに操作キャラを狙ってピラニアが突進してくる。
中央付近にピラニアを誘って上部に逃げるようにすると楽。

・3部
たまにピラニアが突進してくる。
突進する場所は固定のため覚えると楽。

・4部
初見殺し。
ゴール直前にピラニアが一体でもいると食べられて即死。
ピラニアはジャンプで飛び出る先の実を落とすと倒せるため、タイミングが重要。

といったところ。
とにかく4部がポイントで、ゴール直前には何もなくピラニアは避けられないため攻略法がわかるまで詰まりました。
逆に詰まったため操作に慣れたという点も。


最終ステージは3部構成ですが、いずれのステージもループするため攻略法を知らないとクリア不可能です。
具体的には

・全般
見にくいが黒色の油が流れており、一定時間いるとダメージ?即死?

・1部
たまに電線に電流が流れて当たるとダメージ。
実は電線を攻撃することが可能であり、全ての電線を壊さない限り先に進めない。

・2部
ジャンプした先の卵を攻撃して割ると先に進める。
似たことはこれまであったためそれほど問題ないはず。

・3部
非常に陽気な曲に合わせて流れる譜面とたまに来るレーザー。
ボーカル付きの曲のため一曲終わるとクリアかと思いきやここもループ。
レーザーを上にあるランプに何回も当てるとクリアだが、情報なしに気付けるのか・・
レーザーは撃つ直前に光るため、そのタイミングで攻撃すると良い。
ちなみに攻撃を避け続けることで理論上無限にスコアが稼げる。

といったところ。
とにかく最初からループステージのため、攻略情報がないと無理でした。
クリア重視の場合スコアは3万ほどですが、頑張れば7万以上稼げたりも。


そんなこんなで無事全ステージクリアしました。
スタッフクレジットもスタッフロールを押せてごちゃまぜにできるという遊び心。
上位難易度がまだ開放されていなかったりメダルの欄が空いてたりするためまだまだやり込めそう。


とりあえずはこんなところかな。
ステージ数は少ないですが演出が良かったです。
ではまたー

steamでTadpole Trebleを購入

steamゲーム
01 /21 2017
bandicam 2017-01-21 06-44-19-681

商品ページ→http://store.steampowered.com/app/354400

ということでTadpole Trebleを購入しました。
ジャンルはリズムゲー+障害物避け。

譜面に模した強制スクロールステージで、障害物を避けたりして進むゲーム。
障害物を避けるだけでなく、大ジャンプするものや得点アイテムなどあるほか、急にキャラが乱入してきたり雰囲気が変わったりとプレイしていて飽きません。
何より演奏されるBGMが非常によく、リズムのタイミングもバッチリ合っているためプレイしていて非常に気持ち良いです。

大ジャンプのタイミングは矢印キーの左右どちらかかスペースキーを押して行いますが、タイミングが難しいので練習が必要(一拍早めに押すと良い感じ?)。
(上下)移動はそれほど速くないため、先読みして移動することも大事。

通常ステージは全15ステージの3難易度ですが、最低難易度の中盤あたりから徐々に殺しに来るトラップが増えてくるためそれほど初心者向けではない感じ。
どちらかというと覚えゲー要素が強いような。

通常ステージの他にステージエディット機能があり、ランキング機能もあり。
ステージエディットできるということはオンライン対応でプレイできるのだと思いますが、まだその機能を開放していないため楽しみなところ。


とりあえずはこんなところかな。
とにかくBGMが良いです。
ではまたー

ネット上の有志で何かを行うときに大切なこと

考え事
01 /18 2017
現在東方元ネタwikiの復旧作業を行っていますが、作業中に管理人さんが仰ったとあることが的を射ていました。
このことはwikiだけでなくサイトや同人サークルなどにも幅広く応用が効くため報告しようと思った次第です。


管理人さんいわく、有志でwiki運営などをする場合大切なことは管理人との連絡を密にすること。

wikiを例に上げるなら、閲覧者にとって一番使いやすいwikiは広告がないこと、バックアップが取りやすいこと、編集しやすいことなどが挙げられ、それらを実現するには最終的にサーバーを借りてpukiwikiなどを導入するしかありません。

ただしこれが行えるのは管理人と連絡が取れていること前提。
管理人の連絡が途絶えると(東方元ネタwikiのように)更新はおろか閲覧も不可能になります。
pukiwikiの場合バックアップは可能ですが、管理者権限がないと不可能のためこちらも不可能。

どんなサイトもいずれは閉鎖する可能性があるため、移転作業などを視野にいれることが大事ですが、その際連絡無しで管理人がいきなり閉鎖する場合と事前告知がある場合もかなり異なります。
具体的には前者は閲覧不可能になった場合キャッシュから復旧するしかなく、最悪ページが残っておらずどうしようもなくなります。
一方後者は閉鎖までの時間があるため、バックアップを取るだけで問題なく、キャッシュのサルベージが必要なくなり作業時間が大幅に短縮されます。


以上、wikiに関しての事例でしたが、このことはサイトや同人サークルなどにも言えます。

例えば今年閉鎖予定のイザヨイネットは事前告知があったため有志の方がバックアップを取られ、スキマネットとして移転されました。
同人サークルもとい大人数でのゲーム制作の例は色々ありますが、例えば一人しかいないグラフィッカーと連絡が取れなくなるとゲーム制作が中断せざるを得なくなり、最悪制作中止になります。
特に大勢でのフリーゲーム制作は中止例が非常に多いらしく、私も関わった制作が中止になったことがあります・・


このように連絡手段が取れていた場合、移転や作業時間の短縮、ゲーム制作が中止しないなど多くの利点が挙げられます。
そのため有志で何かを行うなら連絡手段をしっかりしていることがいちばん大切なのではないかと思います。


とりあえずはこんなところかな。
連絡がしっかりしていれば早々問題はないはず・・
ではまたー

DARIUSBURST Chronicle Saviours(ダライアスバーストCS)経過報告&おすすめ機体

steamゲーム
01 /15 2017
ダライアスバーストCS2

そんなこんなでDARIUSBURST Chronicle Saviours(ダライアスバーストCS)のCSモードの経過報告。

現在50/58クリア済み、おおよそ半分以上クリアした感じ?
ここまで来るとプリセットだとかなりきつい場合もある(ほとんど強化なしなのに最初から雑魚大量だったりボス3連続だったり)ので強化機体(最大強化+バリア50)を使用しています。

おすすめはセカンド。時点でレジェンド。→機体性能


セカンドはバーストがないものの、火力が上位、最大強化がミサイル属性(オレンジ弾)破壊付き、ほぼ全方位壁貫通レーザー、加えて通常倍率が最大60倍とかなり強いです。

敵弾破壊&壁貫通は言わずもがな、通常倍率が60倍は非常に大きく、後述のレジェンドは通常倍率最大16倍、バーストで最大64倍のため、実質レジェンドの1.5倍以上のスコア確定と非常に強いです。
強化機体はポイントを消費しますが、セカンドの場合非常に稼げるため消費したポイント以上に稼げることもしばしば。

単純火力で言えばオリジンのほうが上ですが、オリジンは前方特化のため総合火力でいうとこちらが上のような。

ただ設置バーストのような防御機能が存在しないため、プレイヤーの回避力が重要。
もっともラスボスクラスになると設置バーストの意味が無い場合が多くなるため、それほどデメリットではない感じ。
むしろ高火力のおかげでボス戦が楽です。


レジェンドは非常に万能な機体であり、最大強化で壁貫通で中の上の火力、設置バーストとシンプルながらも強いです。

火力はセカンドに劣るものの高い部類のため、単純に強いです。
設置バーストは使い方を覚えればボスや雑魚の攻撃を楽にできるため結構便利。

ただ通常倍率倍率が最大16倍と低いため、稼ぐなら上記のセカンドに譲ってしまわざるをえないです。
バーストで最大64倍になるものの、ゲージをそれなりに消費して連射も難しいため稼ぐとなると難しいところ。


単純にシューティングゲームに慣れているのであれば、最大強化セカンドがかなり強いです。
行うこともショット・ボムボタン押しっぱなし、敵に攻撃を当てて避けるだけ、バーストを行う必要がなく単純なので一番楽かも。
他の機体は癖があったり火力が低かったり使いにくい感じ?


とりあえずはこんなところかな。
とにかくセカンドが強いです。
ではまたー

'&' -空の向こうで咲きますように-

ノベルゲーム:18禁
01 /13 2017
麗1_
幼い頃の冒険、その続きの物語。

→18禁PCノベルゲームのおすすめ一覧はこちら

終盤あたりまでは可もなく不可もなくなゲームだが、終盤の麗ルートで一気に引き込まれる良作。
18禁PCゲームとして発売した後、ルートなどが追加されたPS3・PSVita版が発売されている。
また修正パッチが存在するため当てておくこと。

タイトルが非常に読みにくいが、本作は架空のローグライクゲームのatHack(NetHackが元ネタだと思われる)が関わっており、その影響でこのようなタイトルになったとも言え、英数字をキャラクターに見立てたといえばタイトルの意味も想像はできるはず(と言うもののまさかのダブルミーニングだとわかったときには驚いたが)。

システム面に力が入っており、一般的なシステムコンフィグのほかシナリオが進むごとに書き込まれる地図、解除される実績、追加される写真(おまけメッセージ付き)、立ち絵やセリフなどを自由に作れる立ち絵モードなどストーリー以外にも楽しませる要素が多い。


シナリオは複数ルートあるものの、(近年の18禁PCゲームにしては珍しく)開放ルートがほぼ決まっているため実質一本道のシナリオ。
とはいえいずれのルートも共通ルートからの分岐の形を取っているため、一般的な複数ルートを最初から選べるほうが冒険感があってよかったかもしれない。
メインとなる麗ルートは物語の根幹に関わるため麗ルートのみ最終解放のほうが最適か。
もっとも一本道の影響で点と点が線になる感覚も味わえたため、一概にどちらが良いとも言い難い。

麗ルートは非常によく、これまでのルートの集大成といったほか、ラストは(ローグライクゲームが下地にあるように)ダンジョンに挑み、さらにはボス戦にラスボス・真ラスボス戦と非常に良かった。
なかでも真ラスボス戦はBGMも相まって感極まずにはいられなかった。
スタッフロール後も非常に良い。


ただ上記の通り中盤のシナリオが可もなく不可もなくだった点が残念。
(隠し除いた)麗ルート以外は基本的に事件発生→解決→エンドのパターンであり、各ルートが影響しあうということもないため何とも言えない。
あるルートで解説されたことは別ルートではそれが解説されたことが当然のように進むため、そのことを覚えていないと説明不足とも見える。
説明されない伏線も多いため、ある程度の読解力・考察力は必要なのかもしれない。

また章子が非常に不遇なのも残念。
序盤では何度も「冒険に出たのは8人だったはずだが9人の気がする」と出てき、9人目のことを誰一人覚えていない。
道具は魔法にも近いもののため、記憶消去の魔法か、と思ってプレイしたものの結局原因は「影が薄い」から。
章子に出会う前は、作中のキャラたちは「冒険に出たのは8人だった」と思い、章子と出会い思い出してからは今まで忘れていたのが嘘かのようにあの頃を懐かしみ始める、豹変と呼べるほどの変わりようなためこれが道具の影響でなければ悲しすぎる(挙句の果てに最終決戦にまで置いていかれる。というか存在を忘れられている)。
作中でも章子は自分が孤独だと慟哭するシーンがあるが、そう言われても仕方ないのでは・・

他に主人公はたまに声付きで話すのだが、そのタイミングが地の文だったりセリフだったりとまちまちで要領を得なかったのも残念。
決め台詞や重要シーンならばわかるもののそうでないため何とも言えない(そのためかPS3・PSVita版では削除されているとのこと)。
ただし真ラスボス戦だけはシーンに声があっていた。


ちなみに最後にボイスが判明になるあのキャラは一番の萌えキャラ。
この手の萌え属性が少ないのも相まって非常に良かった。
星良ルートでちゃっかり出てきてるのは謎


総括すると、中だるみはするもののプレイしても損はない作品。
総プレイ時間も25時間ほどと長くなく、麗ルートがかなり良いので手の空いたときにプレイしても良いだろう。


とりあえずはこんなところかな。
終わりよければ全て良しとはこのことでしょう。
ではまたー

右クリックメニューの表示がおかしくなりすぎる

PC関連
01 /12 2017
右クリックバグ

新年早々やっかいな不具合が発生しました。

症状は見ての通り、右クリックメニューの内容が全くわからなくなると言うもの。
どうやらこの症状はデスクトップ関連(フォルダ、PCメニューなど)だけで、Chromeなどは問題ない模様。
とはいえこの状態だとコマンドプロンプトを呼び出すことすら一苦労のため大変。

原因は確定ではないですが、ジャネッターで画像を添付するとき、添付一覧から右クリックすると少し気になる動作をして右クリックメニューが表示されます。
おそらくこれが原因なのかなと思ったり。

とは言え直し方もよくわからなかったため結局再起動。
同日、少し前にChromeの画像保存ができなくなる不具合が発生したため関連性があるのかは不明なところ(こちらはおそらく再起動時の不具合)。


とりあえずはこんなところかな。
そんなこんなで久しぶりの大きな不具合でした。
ではまたー

フィギュア二体目

フィギュア
01 /12 2017
アスナ一番くじA賞

そんなこんなでフィギュア二体目購入しました。
正式名称は「アスナ 「一番くじフィギュアセレクション ソードアート・オンライン」 A賞」。

見た目とは違って案外重量がある感じ。
また体は左右、足は上下に開いているため、重量も相まってバランスが少し悪い感じ。

前回からなんとなく思っていたのですが、どうやら私は髪の毛ロング、ニーソ(絶対領域)、髪の毛がぶわーと広がっているの、あと貧乳を好んで選んでいるような。
もっともまだ二つ目なので時期尚早な感じも。

とはいえすでに二体目なため、そろそろフィギュア用語や保存方法などの知識もつけたいところ。


とりあえずはこんなところかな。
二体目にして場所がなくなってきたので色々考え中。
ではまたー

初めてのフィギュア購入

フィギュア
01 /10 2017
艦隊これくしょん -艦これ- 磯風”休日”フィギュア

ということで生まれて初めてフィギュアを購入してみました。
正式名称は「艦隊これくしょん -艦これ- 磯風”休日”フィギュア」。

最初はサーニャのねんどろいどを購入しようと思っていたのですが、黒髪ロング赤目に凛とした瞳、なにより長さの異なるニーソには逆らえませんでした。

実際手にとって見ると、思ったより髪の毛が主張している感じ。
左右にふわっとひろがっているのもなかなかグッド。

オプションとしてサンマなどがありますが、固定は不可能のため設置はせず。


とりあえずはこんなところかな。
フィギュアに関しては素人なのでこれからいろいろ調べて行きたいところ。
ではまたー

東方元ネタwiki閉鎖に伴う移転作業中

日記
01 /06 2017
今月5日に突然東方元ネタwikiが閉鎖されたということで、現在有志の方々と移転作業をしています。

すでに元wikiは404エラーで入れないため、キャッシュを拾って移転作業しているところ。

移転方法はこちら

移転方法は上記のとおりですが、簡単に言うと「site:toho-motoneta.netと検索→キャッシュをmhtml保存」を繰り返す感じ。
ブラウザはChromeかFirefoxが良いですが、Chromeはより便利な拡張機能などがあるため一番効率が良いと思います。

この方法はどのホームページでも応用が効く非常に汎用的なもののため、覚えておくと閉鎖予定のホームページの移転などに役立つかもしれません。


とりあえずはこんなところかな。
mhtmlと拡張機能のおかげで非常に楽になりました。
ではまたー

DARIUSBURST Chronicle Saviours(ダライアスバーストCS)の怒首領蜂大復活DLCを購入

steamゲーム
01 /04 2017
bandicam 2017-01-04 00-57-54-186

商品ページ→http://store.steampowered.com/app/496970/

ということでDARIUSBURST Chronicle Saviours(ダライアスバーストCS)の怒首領蜂大復活の機体が使えるようになるDLCを購入しました。

DARIUSBURST Chronicle Saviours(ダライアスバーストCS)の似たようなDLC(機体)はありますが、このDLCにしたのは使ってみて楽しそうだったため。
また作品を知っているためその機体で別作品のゲームをプレイできるのも感動が一塩。


購入したDLCの機体はDLCモードでしか使えませんが、BGMがそのゲームのものになったり(今回の場合、怒首領蜂大復活のBGMにSE、なんとオペ子のボイスもあり)、そのゲーム専用のスコア上昇システムなどが使えるようになったり(今回の場合、蜂アイテムやハイパーシステムなど)。

BGM変更だけでなく蜂も落とすようになるため、怒首領蜂大復活の別バージョンとか錯覚したほど。

機体は赤機体ですが、非常に火力があって良いです。
反面前方特化機体のため、上下方向に弱かったり。

また(おそらく他のDLCもそうだと思いますが)そのゲーム専用のスコア上昇システムの説明がないため、ある程度知識が必要(今回の場合、緑蜂と金蜂の違い、ハイパーの性質など)。


多くの方が言うように、DLC機体はACモードやCSモードで使えないのが残念。
ポイントによる強化も不可能なため、プレイヤーの力量がある程度ないとステージをクリアできないのも少し残念でした。
もっともこの機体だけが使えるステージも相当数あるためかなり遊べることは間違いないです。


とりあえずはこんなところかな。
他のDLCも買いたいところ。
ではまたー

Factorioを半日ほどプレイして

steamゲーム
01 /03 2017

先日購入したFactorioですが、こんなことになりました。

ついついやめ時が見つからず、気がつけばオール電化に最適化。
ちょっとやってみようと思って気がつけば日をまたいだこと二回、徹夜も当たり前。

研究段階はすでに後半に突入。
wikiにはきっちりとした回答は載っていないものの、ある程度役に立つため利用しています。

ここまで嵌った理由として「問題の発生→問題の解決方法試行錯誤→問題の解決」が短いスパンで発生するのではないかと思っています。
特に解決方法の試行錯誤では頭を働かし、問題の解決では快感を得られるため、苦に思うことが少ないのが大きな理由かなと思ったり。


とりあえずはこんなところかな。
もっとも後半になるにつれ資源の枯渇や敵の活発化も問題になってくるため、徐々に難易度が上がってくる感じ。

ではまたー

steamでFactorioを購入

steamゲーム
01 /01 2017
bandicam 2017-01-01 20-36-22-655

商品ページ→http://store.steampowered.com/app/427520

ということでFactorioを購入しました。
ジャンルは工場建設ゲーム。またの名を全自動化中毒ゲー。

ゲームの目標としては、不時着した惑星を工業化、鉱石を掘り出し加工し宇宙船を作り母星に帰る、というものですが、テラリアやcivと並ぶほど中毒性が高いです。

特筆すべきは作業の全自動化であり、鉱石の採掘から加工、輸送まで全自動化可能。
さらに資源は枯渇する上に一つの機械では採掘効率が遅いため、どのように施設を配置すれば最適化できるかが非常に熱いです。


現時点で未だアーリーアクセス、2300円とそれなりな値段、公式で(アーリーアクセス中は?)絶対セールをしないと公言、正式版で値段が上がる可能性がある、など敷居が高いように見えますが、間違いなく値段以上の価値があります。


他の街づくり系とくらべても非常に嵌りやすいが利点であり、具体的に比較すると

・Nom Nom Galaxy
移動速度が恐ろしく遅い。
常時ダッシュでも遅く上下移動はダッシュできないため作業効率が低下せざるを得ない。
ただし雰囲気は非常に良い。

・Banished、RimWorld
どちらも人間が死にやすいため、初心者向きではない(特にRimWorldはより死にやすい)。
ただしRimWorldはアーリーアクセスながらも非常に作り込まれており、間違いなく値段以上の価値がある。

・Cities: Skylines
自由度・クオリティが非常に高く、現時点でシムシティの最終到達点と言える。
が、その分要求スペックが高く(メモリが16GBあっても足りないという声も)ハイスペックPCを使わざるを得ない。
もっともゲームオーバー要素は皆無、MODが非常に良い、度々セールで800円以下になるなど、ハイスペックPCがあればおすすめの作品。

・Factorio
完全日本語化の上、UIなど非常に使いやすい。
要求スペックも高くなく、ゲームオーバーの条件も緩い上に体験版があり初心者向け。
チュートリアルをプレイしないと何をすればいいかすらわからないため注意。

といったところ。
一番の利点はUIが非常に使いやすい点。
この点だけでも一番おすすめできます。


またチュートリアルも考えさせられる作りとなっており、一般的なチュートリアルが「Aを作れ→Aを作るとクリア」なのに対し、本作は「Aを作れ→Aを作る前にBを作らないといけない。また作成速度が遅いため複数Bを作ると効率的」などなど頭をつかう要素が存在し、いざゼロから始める場合「いかに最適化するか」を考える下造りができている感じ。
加えて石・石炭・銅・鉄・水源などが近いほうが電線を引く手間が省けて便利(特に序盤のうちは石炭と他の資源が近いほうが移動が楽)。

wikiも充実していますが、かなり多くのことが書いて有るためまずは体験版でチュートリアルをプレイするのが一番良いと思います。
やることを非常に簡単に言うと、木・石を得る→採掘装置を作り燃料を木・石炭で自動化→電力設備を作り電気で自動化→・・・といったところ。

ちなみに「wikiに書いて有ることが多すぎてどれから手を出してよいかわからない」ことはRimWorldにもいえ、こちらの場合は下のような順を追って説明している動画を見たほうがわかりやすいです。



とりあえずはこんなところかな。
間違いなく値段以上の価値があります。
ではまたー