Dungeon Souls難易度イージーでレベル130、所持金200万越え

Dungeon souls
11 /30 2016


ということでDungeon Soulsをやりこんでみました。
難易度イージーのため敵が弱く、ここまで稼げました。


所持アイテム。
だいたいのアイテムはマックスまで持っています。
左下に少し見えますが、見えない範囲まで持てる模様。
ある程度慣れてきたら設定からアイテム自動取得をオンにすると楽です。
ただし呪いのアイテムは一長一短なため要注意。

ここまで強くなると通常攻撃の速度が恐ろしくなるうえに貫通レーザー8方向レーザー炎連射と、もはやスケルトンを召喚するより通常攻撃を連打する方が楽だったり。
ちなみにスケルトンは10体召喚したあたりから目に見えて処理落ちしました。


また特殊階層の条件もわかりました。
特殊階層はラスボス後の階層の?1階層の金色の本棚か3階層(雪原)の緑の木からいける様子。
前者は装備レシピをドロップする敵がいますが、後者は素材集め以外特にメリットがない感じ?

なおゲームオーバー後すぐに装備作成の項目を選ぶと獲得したお金がゼロになる不具合があるため要注意。
対処法としてゲームスタートの項目を選べば回避できます。


とりあえずはこんなところかな。
これで難易度ナイトメアもいけるかも?
ではまたー
スポンサーサイト

Dungeon Soulsで難易度イージーをクリア

Dungeon souls
11 /29 2016
ということで難易度ノーマルに引き続きDungeon Soulsの難易度イージーもクリアしました。

ラスボス後や難易度ナイトメアのことも少しわかり、どうやら難易度ナイトメアはノーマルにいた赤い敵(少し強い敵)がデフォルトの敵になっている感じ?
ラスボス後の階層に関してはナイトメアラスボス前より強い感じ。

また武器レシピが見つからないと思っていましたが、どうやら特定の敵がドロップする様子。
現状見つけたのは最初の階層から本棚をスペースキーで調べていける特殊階層に出る敵がドロップする模様。




そんなこんなで難易度イージーもラスボスを撃破したためラスボス後もやっていますが・・
ご覧の通りひどいことになりました。

ラスボス後の階層ではスケルトンの動きが高速化する上に1%の確率で999ダメージ与えるアイテムがスケルトンにも効果があるため、高速で自動で敵を殲滅することが可能に。
そのためスケルトン召喚し続ければ上記のように恐ろしいほど狩り続けられます。

ただここまで狩ると動作が重くなるため、やりすぎには注意。


とりあえずはこんなところかな。
難易度ナイトメアは武器を充実させてから行きたいところ。
ではまたー

Dungeon Soulsで難易度ノーマルをクリア

Dungeon souls
11 /29 2016
ということでDungeon Soulsの難易度ノーマルをクリアしました。
厳密にはラスボスを撃破すると上の難易度になって?再び最初のステージから始まる感じ。

基本方針は以下のような感じ。

・操作キャラはネクロマンサー

・ステータスは魔力極振り

・スキルはスケルトン召喚極振り

・アイテムは防御・魔法防御がそれぞれ10~20になるまで防御・魔法防御アイテムを優先。お金回収のアイテムはあった方が良い(特にラスボス後)

こんな感じ。
ステータス振りに関してはとにかく火力重視で問題なかったです。
ネクロマンサーは基本遠距離職のため防御力はそれほど必要ないですが、かわりに岩のトラップ(防御1だと26ダメージ複数回攻撃)や敵との接触ダメージが痛いのでそれらをアイテムで補う感じ。
また中盤の最後あたりから雑魚ですら弾幕を放ってくるため、近距離職はかなり苦しいような・・

ダンジョン構成としては6層目(18ステージ)で終了、19ステージからは次の難易度になって?最初のステージから、全雑魚キャラが出現する感じ。

当然難易度が上がると難しくなります。
特にボスは被弾すると軽く三桁ダメージを与えてくるため避けないとどうしようもないです。
また雑魚敵に関しては、顕著なのは移動速度が恐ろしく速くなります。
そのため攻撃を与えるのも難しいはずなのですが・・

この移動速度上昇、なぜかネクロマンサーが召喚したスケルトンにも効果が及ぶ様子。
そのためスケルトンを10体召喚するとものすごいはやさで敵を駆逐しに行きます(始めていくエリアに敵がおらずお金だけ落ちているということも)。


ただ上記の通りボス戦は避けないと話にならないため、スケルトンもそれほど役に立たず4層目のボスでゲームオーバーになりました。
高難易度では防御にもステータスを振らないといけないのかなと思ったりも。


とりあえずはこんなところかな。
実はまだイージーをクリアしてないので、まずはそちらをクリアしても良いかも。
ではまたー

steamでPhantom Breaker: Battle Groundsを購入

steamゲーム
11 /28 2016
bandicam 2016-12-23 14-42-43-756
商品ページ→http://store.steampowered.com/app/329490

ということでPhantom Breaker: Battle Groundsを購入しました。
内容はベルトスクロールアクションにライン移動と成長要素を追加したもの。

プレイヤーキャラを選んでストーリーモードなどを選びステージをクリアしていくというシンプルなもの。
それだけだと定価(1180円)は割高な気もしますが、現在セール中で236円で購入できます。
さらにはレベル上限を99にするDLCもセール中のため、合わせて購入しても400円以下という高コスパ(両方定価だと1500円超えます)。


グラフィックもBGMもなかなかよく、しっかり動く上にボイスもありのため良い感じ。
初見で説明書を見るとややこしそうですが適当に弱攻撃を連打していても爽快感があります。
困ったときはアウトレンジ攻撃をすれば二段目のゲージを消費して広範囲攻撃ができます。

敵を倒すといろいろ落としますが、お金はスコアのほか赤色のアイテム各種は経験値に当たるためできるだけ取る方が良いでしょう。
ステージ1からいきなり前衛を盾にして遠距離攻撃してきたりボスが強かったりしますが、ライン移動を使えばどちらも楽だったり。
というよりライン移動直後は無防備なため、ボス戦はライン移動直後を狙うと結構楽です。


ただアクションゲームということもありコントローラー必須。というよりキーボードだけで操作は不可能な感じ?
またキーコンフィグがないためどのボタンが把握しておくと便利。


とりあえずはこんなところかな。
上記の通り内容だけ見ると定価では割高な感じ(グラフィックなども含めるとそうでもないですが)のため、セール時に買うとお買い得です。
ではまたー

steamでDungeon Soulsを購入

Dungeon souls
11 /24 2016

商品ページ→http://store.steampowered.com/app/383230

ということでDungeon Soulsを購入しました。
内容はローグライクアクションRPGな内容に加えアイテムでキャラを強化していくというRisk of Rainのようなゲーム。

もっともRisk of Rainは時間に追われて似たようなマップでひたすら敵を倒していくのに対し、こちらは文字通りのランダムマップで敵・トラップランダム配置のなか、ド派手な攻撃で敵を殲滅していく感じ。

実はこのゲームかなりバージョンアップが繰り返されており、初期バージョンと現バージョンではだいぶ変わっています。
そのため動画で参考する場合は出来るだけ近日の物が望ましいです。


軽く触った感じ、回復アイテムが必ず出るわけでもないため遠距離職が楽な感じ。
具体的には初見はアーチャーの3スキル目、アンロックされればネクロマンサーの3スキル目が使える感じ。

またプレイ中のコイン(死亡しても持ち越し)を使ってキャラを強化できるのですが、その中にHP自動回復が他の強化費用と変わらない値段であります・・
おまけに取得コイン数アップもあるため、まずはこの二つを優先的に上げると楽になるでしょう。
さらにスコア(経験値?取得コイン?)に応じてキャラのランクが上がり、ランクが上がるとステータスボーナスが付加されたり。
武器強化システムもあるみたいですがいまいちよくわからず。


なお本作は一般的なゲームとは操作方法が少し異なるため注意。
移動がWASDなのはいいとして、決定キーはスペースキー、キャンセルキーはescキーとなっています。
他のわかりにくいキーはオプションで見れますが、ステータス閲覧はtabキーより左shiftキー、インベントリはRキーの方が楽でした。


とりあえずはこんなところかな。
HP自動回復さえとれば楽になるはず。
ではまたー

STEAM オータムセール実施中!

steamゲーム
11 /24 2016
トップページ→http://store.steampowered.com/

ということでsteamで大量のゲームが大セール中です。

かなりの商品が半額以下というものすごいことになっており、中でもスペランキーが296円Crypt of the NecroDancerが370円(通常1480円)、The Elder Scrolls V: Skyrimが653円(通常1980円)ネプチューヌシリーズが800円代(通常3200円)、などなど有名どころがかなり安くなっています。

特に高額商品が半額以下になるのは非常にお買い得のため、今すぐプレイしないけどとりあえず買っておくというのもありかもしれません。
期間は今月末までと短いため買うならお早めに。


とりあえずはこんなところかな。
12月にSTEAMアワードがあるためそのためのセールかも?
ではまたー

steamでThe Sandbox Evolution - Craft a 2D Pixel Universe!を購入

steamゲーム
11 /21 2016
bandicam 2016-12-23 14-38-27-095
商品ページ→http://store.steampowered.com/app/466940

ということでThe Sandbox Evolution - Craft a 2D Pixel Universe!を購入しました。
内容は早い話ドット絵のスーパーマリオメーカー。
スーパーマリオメーカーができない私としては非常にうれしいです。
紹介文はわかりやすい日本語ですがゲームは日本語ではないので注意(なくてもだいたいわかると思いますが)。


単にアクションゲームのステージが作れるだけでなく、BGMやドット絵のほかレーザー?も作れたりと結構いろいろできる様子。

配置するブロックなどはアンロック式となっており、プレイで既存のステージをクリアしたりクエストやワールドで他の人が作ったステージをクリアすることで得られるマナを使用することでアンロック可能。

操作キャラは二段ジャンプできるキャラからムササビのように滑空できるキャラ、銃で攻撃できるキャラなど様々。
アンロックできる要素が一度に並んでいるため最初はどれからアンロックしていけば良いか悩みますが、とりあえずワールドなどで他の人のステージを試してみてもいいかも。


ただ公開開始してからあまりたっていないためバグがいくつかある感じ。
見つけたので致命的なのは以下の通り。

・ウィンドウサイズがフルスクリーンでないのに設定はフルスクリーンになっている

・ワールドでステージを選択すると強制終了しバグレポート表示

・Alt+F4で閉じると?バグレポート表示

・通常以外の方法で終了した場合?マウスカーソルが本作仕様のものからデフォルトに戻らない

・クリエイト中に強制終了することがあるためこまめにセーブ推奨

またワールドのステージ表示に時間がかかったり、バグレポート表示が初見だと戸惑ったり(関係ない複数ソフトのウィンドウが点滅する)改善の余地はありそう。


とりあえずはこんなところかな。
最初から作るのは敷居が高いですが他の人のステージを遊べるのは非常に楽しいです。
ではまたー

Vaganteの体験版をプレイしてみた感想

steamゲーム
11 /19 2016
bandicam 2016-12-23 14-32-36-694
DLページ→http://vagantegame.com/

前から気になっていた高難易度ローグライクアクションRPG「Vagante」の体験版があるとのことでプレイしてみました。

プレイしてみた感想は、想像以上の高難易度ということ。

一番の理由は一般的なローグライクに比べてはるかに視界が暗いことにあります。
キャラの3まわりぐらい明るいだけなため、画面上下左右に何かあるかわかりません。
加えて即死級のトラップも多いため、注意しても引っかかりました。

また即死級のダメージを与えるトゲは「触る」ことではなく「踏む」ことでダメージを受けます。
そのため触ったらダメージを受けると思って飛び越えようとしたら踏んでしまい即死したり、弓矢トラップで吹っ飛ばされたら下にトゲがあって即死したり・・
とにかく非常に死にました。

一般的なローグライクと違って非常に死にゲーのため、高難易度なローグライクをプレイしてみたい方は試してみては。



とりあえずはこんなところかな。
想像以上の死にゲーっぷりでした。
ではまたー

Torchlight Ⅱのエンジニアのハンマービルド一例

steamゲーム
11 /19 2016
ということでTorchlight Ⅱが中盤あたりまで進みました。

SynergiesMODを入れてるだけあって敵が大量に出たりして非常に楽しいです。

エンジニアといえば盾役ですが、やっぱり敵が大量に出てくるためド派手な攻撃でドッカンドッカンして無双したい!ということでこんなビルド構成にしてみました。
難易度がカジュアル一周目のため難易度が上がると変わってくるかも。


・概要
基本的にフレイム・ハンマー主体。
ボスなどはボットを召喚したり。

・スキル
後ろの数字は振る値。

<アクティブ>
フレイム・ハンマー15      メインスキル
ヒーリング・ボット15      回復用
ガンボット15          攻撃用
スレッジボット15        攻撃用
(イモビリゼーション・コプター15 妨害用)

<パッシブ>
ヘヴィー・リフティング15       攻撃速度・スタン率上昇
スーパーチャージ15          追加ダメージ・ゲージ増加(ハンマーは近接武器になる模様
イージス・オブ・フェイト15      防御用
チャージ・レコンシチュエーション15  HP回復。フレイム・ハンマーを使えばHP回復するため楽
バルワーク12             防御用

・パラメータ振り
STR200
FOC100
VIT200


こんなところ。
だいたいACT1後半あたりから敵の攻撃が痛くなってくるので、そのあたりからイージス・オブ・フェイトやチャージ・レコンシチュエーションがあると良いです。
特にイージス・オブ・フェイトは実質的に一定時間無敵なのでHP回復時間が稼げて便利です。

ただ問題となるのはやはり状態異常。
毒もある程度脅威ですが、石化になると死亡する確率がぐんと上がります。
またACT1後半あたりから追尾多段ヒット遠距離攻撃を複数弾放ってくる敵がいるため、その敵が複数体狭いところで登場すると避けようがなく削られ死にするため遠距離対策も少し必要かも。


以上ー
まだ完璧なビルドではないので改良の余地はありそう。
ではまたー

おすすめノベルゲーム一覧(18禁)

ノベルゲーム:18禁
11 /16 2016
私のおすすめのノベルゲームの一覧です。
こちらではレーティングが18禁のものを取り扱っています。
記述がない限り基本的に商業ソフトを取り扱っています。

おすすめノベルゲーム一覧(一般)はこちらからどうぞ

最終更新日時 2017/3/15 0:30 十六夜のフォルトゥーナを追加



◆超絶おすすめ◆
・水月(初代無印版)
長文感想
全てにおいて欠点が見当たらない作品。
特にキャラと操作性が非常に優れており、キャラは非常にキャラが立っていてわかりやすく、操作性は(2016年の商業ソフトと比べても)これ以上快適なゲームはないかと言えるほど優れている。
無論グラフィック・BGM・シナリオなどもトップクラス。





◆非常におすすめ◆
・十六夜のフォルトゥーナ
長文感想
考察(ネタバレあり)
グラフィック・音楽・シナリオ総じてレベルの高い作品。
ヒロインは4人いるが、いわゆる蛇足になるヒロインがいない点が良い。
タイトル画面でも流れる「十六夜」は必聴。

・D.C.Ⅱ P.C.~ダ・カーポⅡ~プラスコミュニケーション
長文感想
文量、分岐数、シーン数、いずれにおいても圧倒的。
感動的なシーンがいくつもあるほか、ボーカル曲のレベルの高さや既読文章を読み返しやすい「あらすじシステム」など全般的にレベルが高い。
ヒロイン数が多いうえ全ルートクリアしようとするとかなり長いため注意。

・月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale.
長文感想
グラフィック・音楽・シナリオ全般的にレベルが高く、いずれのキャラも魅力的。
各キャラの名前が覚えやすい上に各ルート選択も簡単とエロゲ初心者向け。
致命的に知名度が低い隠れた名作。




続きを読む

どらぺこ! ~おねだりドラゴンとおっぱい勇者~をプレイした感想

ノベルゲーム:18禁
11 /14 2016
4章12_私の知らない間に百合展開きてます?
ということでどらぺこ! ~おねだりドラゴンとおっぱい勇者~を完全クリアしました。

制作はアリスソフトですが、遊べるエロゲ―というよりノベルゲームのようなゲームです。
スクリーンショットを見た感じ六角形のマスを移動していくように見えますが、実際はノベルゲームにおける分岐などをフローチャート化しただけ。

ただし本作はかまいたちの夜のようにバッドエンドが多く、バッドエンドになるたびに経験値が入って成長するという珍しいシステム。
特定のアイテムを持っていると出現する選択肢もあり、案外縛りプレイができそうな感じ。


肝心のシナリオは可もなく不可もなくと言ったところ。

前半のエストとお化け屋敷の騒動は非常に良いです。
遊びほうけていたエストが城を追われて下層街に追いやられ、下々の生活を初めて知り、徐々に信頼を築き成長していく様はなかなかのもの。

一方後半のドラゴン祭りからは各キャラの描写が少なかったこともあり、今あるキャラに裏設定を持たせて無理やりやった感がして残念。
また某鬼畜王でも見た実は真の黒幕がいるんだよ!神様がどうのこうのというどこかで見た設定もかぶっていて残念。
ラスボスクラスのキャラが複数体いるのにほとんど戦わずイベントシーンで終わらせたのは残念(逆にイベントシーンのアルマvsエストは非常に燃えました)。

ただし最後に解放される真ルートはロリコン歓喜の最後の締めくくりにふさわしいなかなかの出来でした。
終わり良ければ総て良しとはまさにこのこと。

またパロディが結構多く存在し、わりとわかりやすいように表現しているので楽しめました。

なお一般的なエロゲ―よりホモ要素が多分に含まれているため苦手な人は注意すること。


システムに関してはそれほど問題なかったのですが、いわゆるセーブスロットが一つしかないため気に入ったシーンを保存しにくいのが残念。
マスごとのシナリオもシナリオ名が付いていないため、見たかったシーンをすぐに見れないのが残念。


とりあえずはこんなところかな。
最後の真ルートが良かったです。
ではまたー

steamでTorchlight Ⅱを再び購入

steamゲーム
11 /10 2016
bandicam 2016-12-23 14-29-25-433
商品ページ→http://store.steampowered.com/app/200710

ということで一度は返金したTorchlight Ⅱを再び購入。
今回もGrim Dawnとどちらにするか迷ったのですが、手軽さでこちらに選びました。

選んだ職業はネクロマンサー。
デフォルトのスキルが誘導弾を複数放ち非常に使いやすい上、骸骨も召喚出来たりと対多数向けでかなり楽な感じ。


ちなみにGrim DawnはとっつきやすさがTorchlight Ⅱより上な感じのほか、1.5GBの大規模MODを入れると恐ろしく変わるらしいです。
ただしその大規模MODが大規模すぎて日本語化が不可能に近いため、似たような大規模MODだけどほぼ日本語化されているSynergiesMODがあるTorchlight Ⅱに選びました。

ただしビルドの自由度に関してはGrim Dawnの方がはるかに上(上記MODを入れると軽く三桁ある)なので一長一短と言ったところ。


またSynergiesMODを入れる場合、バランスの改善、UIの改善、新マップに新敵など盛りだくさんですが、反面敵数増加、強敵出現率増加など少しハードになるため、初見は最低難易度で試してみることをお勧めします。


とりあえずはこんなところかな。
これでしばらくはまれるはず。
ではまたー

Eternal Destiny(インフィニタ・ストラーダ)シナリオ最終章までの感想と報酬&同カード複数枚所持の特典

Eternal Destiny(インフィニタ・ストラーダ)
11 /09 2016
ということでEternal Destiny(インフィニタ・ストラーダ)のシナリオを最終章までクリアしました。

感想を一言でいうなら、スキルは複数体攻撃・カード除去・速攻・攻撃不可能が非常に役立ち、逆にそれらがないとクリアは不可能なほどきついです。
早い話DLCがないとクリアするには相当なマゾゲーです。
だいたい5章以降、敵の☆4率が増える一方こちらが☆4以上を入手する方法が限られているため、DLCがないとひたすらシナリオの敵と再戦して金稼ぎをする苦行が待っています。

なかでも最終章である10章は最初の敵から☆4大量☆5もそれなり&超進化もそれなりと、HP・攻撃力が9000オーバーの敵が大量に出てくるため、上記スキルがないと先攻を取っても負けが濃厚です。
加えて☆5は特定種族・属性無効・吸収が増えるため、デッキが悪いと負け確定。

ちなみに章クリアで何かが解放されたり強化システムがあったりしますが、後述の通り解放されるものは章の敵に対して弱すぎて話にならず、強化システムは(シナリオクリア後でないと)まともに強くならないためほぼ無意味です。


基本戦法はカード除去して時間稼ぎ、速攻でワンターンキル、攻撃不可能でじわじわ潰す、といった感じ。
最終章にもなるとMPがあまるため、毎ターン攻撃不可能を使用することで実質敵の攻撃を完全に防げたり。

カードの入手方法は以下の通り。
DLCのカードはほかの入手手段もありますが、DLCを買った方が圧倒的に楽です。

複数体攻撃→DLC
カード除去→DLC
速攻→ショップのカードパックの「女体変化カードパック」の一番下、「妖怪 天狗少女 S」
攻撃不可能→トロフィー「ゴッドカードコレクター(ケルズ)(条件はケルズのカード50種類)」の「生命の根源 ウボ=サスラ」

中でも「妖怪 天狗少女 S」はかなり強く、運よく1ターン目に出ればワンターンキル出来るほど。
Card Selector(パックのカードを選択できるアイテム)は、一番簡単な入手方法が7日目のログインボーナス(というよりそれ以外不明)なのでこのカードのために使うのが良いです。


続きを読む

steamで初めての返金

steamゲーム
11 /06 2016
一般的に購入したゲームは返金が不可能なのですが、steamではそれが可能です。

詳細→http://store.steampowered.com/steam_refunds/?l=japanese

長々と書いてありますが、基本的に条件は二つ。

・購入してから2週間以内であること

・プレイ時間が2時間未満であること

一つ目は簡単ですが、二つ目は結構急がないといけないかもしれません。
2時間と聞くと長そうですが分に直すと120分しかないのであっという間です。


そんなこんなで返金手続きをしたのですが、数時間で返金処理が終わりました。
ただし返金したお金は保留扱いとなり、一週間は使用できないとのこと。
追記:驚いたことに次の日(24時間後?)には使えるようになっていました。

また返金して返すものはゲームの使用権(ゲームデータはPC側に残りアンインストールもされないが起動不可)なので、トレーディングカードは残ったり。


とりあえずはこんなところかな。
プレイ時間の壁が結構大きいですが、返金できるのはうれしいです。
ではまたー

steamでTorchlight Ⅱを購入

steamゲーム
11 /06 2016
商品ページ→http://store.steampowered.com/app/200710

ということでTorchlight Ⅱを購入。
ジャンルはハック&スラッシュ。
数多の廃人を生み出したあのディアブロを作った制作陣のゲームというので期待せざるを得ません。

日本語化はMODを当てると可能なほか、公式の完全日本語版(ただしsteamにはない)もあるので英語が読めなくてもほぼ問題なし。

似たようなハック&スラッシュとしてGrim Dawnがあり、こちらも日本語化MODがある上に評価が高くどちらを購入しよう悩んだのですが、Torchlight IIの方がMODが良いこととGrim Dawnは周回すると問答無用で敵が強くなるらしいのでこちらに選びました。
もっともどちらもかなり似通っているため、購入する際にはプレイ動画やwikiを見て吟味することをお勧めします。

肝心の難易度に関してはそれほど問題ない感じ。
なによりデフォルトで囮にもダンジョン中にアイテムを売りに行ってくれるペットが仲間にいるため、かなり楽な感じ。


また日本語化MODのほかにSynergiesMODも入れました。
こちらはUIの不自然なところの改善のほか職業追加エリア追加など、公式アップデートと言っても良い出来のMODな上日本語化MOD対応済み。


ちなみにハック&スラッシュの最高峰はPath of Exile
数あるハック&スラッシュの欠点をことごとく潰している(例えばPOTは敵を倒すと補充されるため、いちいち町に戻って回復する手間が省ける)ほか、グラフィックも美麗で何より無料、スキルの組み合わせやビルド(成長方式)もまさに無限に存在と非の打ち所がない出来です。
なのですが現在日本近くにサーバーがないため、アメリカのサーバーを利用することになり・・となると遅延が発生するわけで・・
この遅延のせいで「敵が沸く→遅延でフリーズ→動いたと思ったら全滅してる」なんてことがありまともにプレイできないのが残念。
それ以外を除けば最高のハック&スラッシュのため、ぜひともプレイしてほしいです。


とりあえずはこんなところかな。
実は敵に一度攻撃したらマウス押しっぱなしで攻撃しっぱなしになるため、慣れると結構便利です。
ではまたー

怒首領蜂大復活ver1.5ノービスで初めてゴールデンディザスター撃破

steamゲーム
11 /03 2016
ということで怒首領蜂大復活ver1.5ノービスで大佐蜂ことゴールデンディザスターを撃破してきました。
機体は道中殲滅力に長けた緑スト。
表だったのでヒバチはなし。

一番の課題だったビット地帯は、ブラックレーベルに慣れ親しんでいたのでよくわからなかったのですが、ver1.5でよく見ると結構わかりやすくボムりやすかったです。
もっとも後半のビット地帯は変則的なのでまだまだ研究が必要そう・・
またボスはボム中のオーラ撃ちや乗っかりハイパーができるとかなり体力を削れるのでこれらができると楽かも。

初めてアーケードでお目見えした大佐蜂ですが、「体力2倍にしました」との通りものすごく硬いです。
ボムやハイパーなどパターン化して撃破する動画はありますが、それなしで適当にやっているとものすごく体力が減りません。
結局残機1ボム5で何とか撃破。
ヒバチが出ないため消化不足な終わり方ですが、裏2週目は入る条件もヒバチまでたどり着く条件も結構きついのでまだまだな感じ。

とはいえCAVEシューで初めてノーコンテニューで真ボスまでたどり着けたのはこれが初めてなので、やはり怒首領蜂大復活はCAVEシューで一番敷居が低いと言えます。


とりあえずはこんなところかな。
怒首領蜂大復活の難易度はかなり低いので初心者にも向いている作品です。

Portal KnightsやTerrariaなど一部steamゲームが起動しなくなった場合の対処法

steamゲーム
11 /02 2016
最近Portal KnightsやTerrariaが起動しなくなりました。

原因を探したところ、Portal Knightsのexeファイルを直起動すると「msvcr120.dllが見つかりません」と出ました。
どうも調べるとVisual Studio 2013 の Visual C++ 再配布可能パッケージがインストールされてないことが原因の模様

Visual Studio 2013 の Visual C++ 再配布可能パッケージをインストールしたら起動するようになって安心。

このことはPortal Knightsのシステム要件にもどこにも書いてないので、まだ試してない方は試してみては。


とりあえずはこんなところかな。
ここ最近steam実績も取れたり取れなかったりしましたが、関係がある?
ではまたー

怒首領蜂大復活ver1.5ノービスで初めて表2週目に突入

steamゲーム
11 /02 2016
ということで怒首領蜂大復活ver1.5ノービスで初めて表2週目に突入しました。
機体は赤スト。

条件は「蜂アイテムを35個回収」または「1ミス以内かつ2ボム以内」のいずれかを達成と比較的簡単なもの。
この条件はノービスでも変わらないため比較的簡単に達成できました。

ただブラックレーベルばかりやっているおかげで結構危うい場面も。
主にver1.5との仕様の差が原因ですが、具体的には

・ブラックレーベルと違って雑魚撃破による弾消しが少なめ

・オートボムがオフにできないためハイパーゲージ満タンによるボム供給が不可

が大きかったです。

とはいえブラックレーベルに比べ攻撃は緩い上に事故率も低い(ブラックレーベルは雑魚敵の弾の事故率が結構あったり)ので難易度としては楽でした。
またどうも表2週目の弾幕はブラックレーベルと同じ部分がほとんどだったので、予めパターン構築できていたおかげで結構楽だったり。

とはいえ5面にもなるとそうはいかず、結局5面序盤でゲームオーバー。
やはりビット地帯でのボム率が非常に高いので、まずはここを何とかするのが重要そう。


とりあえずはこんなところかな。
steam版はいろんなバージョンがあるのでやり込めて良いです。
ではまたー