セントラントレイル

RPG
07 /30 2016
セントラントレイル
※画像をクリックするとダウンロードサイトに飛びます。
※第八回ウディコンが終了すると新バージョンがアップロードされる可能性があります。

セントラントレイルは放置系RPG。

基本的に放置しながらユニットの成長を楽しむゲーム。

フリーゲームの放置ゲームは少ないながらも、本作はチュートリアル、徐々にシステムがアンロックされるためわかりやすい、実績やボーナスシステム、累計データ閲覧、充実なシステム、仲間は20人以上雇える、などなどかなりシステムややりこみ要素が充実している。

作者のsierpin氏は第七回ウディコン作品にも似たような放置ゲーである箱庭セカイ探険班を公開されているが、本作は箱庭セカイ探険班より初心者向けな内容になっている。

以下未確定事項
・INTが0.00の場合、魔法を使用してもダメージを与えられない(物理スキルも同様?)
・魔法は習得できても使用の可否の切り替えは不可能?

2016/7/31 追記
・スキルの使用可否はスキル左でロックすると可能。ロックするとスキルを使用しなくなる。
・速度増加は帰還後のボーナスからランダムで出現。
・何度か全滅(死亡?)することで帰還コマンドが出現し、ユニットを解雇(装備などは引き継ぎ)してレベル1からやり直せる。


とりあえずはこんなところかな。
まだ序盤なのでわかりませんが、序盤から速度増加があればもっと良かったです。
ではまたー
スポンサーサイト

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかの一挙放送を視聴した感想

アニメの感想
07 /29 2016


ということでダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかの一挙放送を視聴しました。

最初はロリ巨乳ボクッ娘ということで見始めましたが、他のキャラも魅力的で内容も良い感じ。

中でも中盤当たりにダンジョンで絶望的な状況に陥った様はWIZを思い出しました。

多少解説がないとわかりにくいところもありましたが、最終話は非常に燃えて良かったです。


とりあえずはこんなところかな。
二期はまだですがスピンオフのアニメが決定していて楽しみ。
ではまたー

ニコ生夏のアニメ超一挙放送!

日記
07 /28 2016
今年も夏休みの季節になりました。
ニコ生も数々のアニメの一挙放送が放送されます。

詳しくはこちら(まだ増える?)

なかでも楽しみなのがこの二つ。





School Daysは当時伝説級の最終回を迎え、そのグロさやnice boat.が非常に話題となりました。

ひぐらしのなく頃に(解)はニコニコ動画黎明期を支えたアニメであり、中でも解のいくつかのシナリオは非常に質が高いです。

どちらも昔の作品ですが、現在のアニメにも劣らない(もしくはそれ以上?)の質があるためぜひとも見るべき。
ただどちらも少しグロかったりするので注意は必要。


とりあえずはこんなところかな。
まさかひぐらしが放送されるとは思いませんでした。
ではまたー

僕と君の夏休み

ノベルゲーム:一般
07 /27 2016
僕と君の夏休み
※画像をクリックすると公式サイトに飛びます。

→一般PCノベルゲームのおすすめ一覧はこちら

ということで僕と君の夏休みを全ルートクリアしました!
夏休みをテーマにしているだけあって、さわやかでよかったです。


●概要
幼い頃に過ごした島に戻ってきた主人公とヒロインたちのひと夏の思い出。

VIPの本気ということで、OP、演出、BGM、システムなどいずれも同人ゲームに劣らない出来。
VIP製とのことで2chネタも少々あり、硬い文章もなく、プレイ時間も短いためサクッと楽しめるはず。

ルート分岐も非常にわかりやすく、8/14から目当てのキャラを優先的に選ぶだけでそのキャラのルートに行けるため安心。

演出面はかなり良くて、OPの演出はもちろん、作中で蛍が舞うシーンでは実際に舞ったり、花火が上がっているシーンでは立ち絵が花火の色の影がかかったりとかなりの出来。
中でも花火の演出は商業作品でも見ないほど稀なのでは。

続きを読む

アニメ『エロマンガ先生』 最近(もっとも近い)のアニメをみんなで作りますを視聴した感想

日記
07 /26 2016


ということで三大性欲こと藤田茜さんが中の人を務めるエロマンガ先生のアニメ化に関する生放送があったので視聴してきました。

内容は来年?エロマンガ先生がアニメ化するので、そのための要望を聞いたりする感じ。
月1でやっていく様子。


ちなみに次回はこちら

なのですが先の件(多数決ドラマ)のせいで三大性欲のネームが広まりすぎたため、開幕から色々ひどいことに・・
おまけに藤田さんの発言が危ないというか完全にアウトなのに事務所側は放置など色々カオス(朝の読書回でエロ本読んでる、フランス書院知ってる等々)。
新たな迷言も登場し、ますます変態度合いが増えた感じ。

改めて藤田さんが引きこもりで変態と知った良い回でした。


とりあえずはこんなところかな。
藤田さんは結構キャラが良いため次回も楽しみ。
ではまたー

電気式華憐音楽集団 15th Anniversary Live ”Gig Carnaval XV”ライブ生中継を視聴した感想

日記
07 /23 2016
TSページ→http://live.nicovideo.jp/watch/lv269717915

ということで電気式華憐音楽集団ことデンカレの15周年目にして3回目のライブの生中継がやっていたので急いで視聴してきました。
ピンぼけ箇所が多いのは仕様とのこと。

有名な曲から最新の曲まであっていろいろ楽しめた感じ。
特に舘廻りのフルバージョンはこれが初出のはずなので、かなり良かったです。

次回ライブはいつになるか不明とのことですが、少なくとも15年以内にはやるらしいので楽しみ。


とりあえずはこんなところかな。
ライブでここまでの歌唱力を出せるのはさすがだと思いました。
ではまたー

ウディコン開始前日とかフリゲ展夏募集開始とか

ゲーム制作関連
07 /23 2016
ウディコン→http://www.silversecond.com/WolfRPGEditor/Contest/

フリゲ展夏→http://toriakaniko.wix.com/fgtensummer

いよいよ夏のフリゲ祭りがやってきました。
ウディコンに関しては明日から募集ですが、いつも通りだと今日の21時~22時ぐらいからひっそりと募集開始していたり。
フリゲ展夏に関しては今日の0時からすでに募集開始しています。

私はといいますと、今回はフリゲ展夏に募集してきました。
ただ作品公開が8月14日と3週間以上先なので、お楽しみといったところ。

ウディコンは来年も行われるようなので、制作するゲームの参考に。


またふりーむも久しぶりにフェスが行われる様子。

ワンマップフェス2→http://www.freem.ne.jp/special/project/25

開始時期的に上記ウディコンかフリゲ展夏の作品も出せます。
私の作品も出せるのですが、完成版ではないということと将来的にワンマップでなくなることを考慮して見送る予定。


なお今夏公開予定だった四聖龍神録2ですが、作者様に子供が生まれてご多忙のご様子なので現状公開日時未定の様子。
子供は生まれて数年はかなり忙しいらしいので、年単位で待つ必要がありそう。


とりあえずはこんなところかな。
今年も結構作品が多そう。
ではまたー

最近よく見ている動画

日記
07 /22 2016


最近はこの方の動画シリーズを見ています。

内容はこのバージョンでのマインクラフトに登場する全ブロックでピラミッドを建築するというもの。
その段数なんと160段以上!
当然雲も突き抜け、地図にはでかでかとピラミッドが描かれ始めています。

また余計なシーンはカットされているうえ解説もあるため、かなりさくさくと見れます。
マインクラフトは建築が主なゲームのため大変な感じがしますが、この動画を見ていると非常に楽しそうな感じ。

前述のとおり規模が非常に大きいためまだ未完成ですが、(過去の実績から)途中で挫折される心配もないので安心。
並行してダイヤを10000個集めるシリーズもされているため、そちらもなかなか面白いです。


とりあえずはこんなところかな。
とにかくさくさく進んで良い感じ。
ではまたー

ノーゲーム・ノーライフ、アブソリュート・デュオ、機巧少女は傷つかないの一挙放送を視聴した感想

アニメの感想
07 /17 2016
TSページ→http://live.nicovideo.jp/watch/lv268483242

ということでMF文庫J『夏の学園祭2016』48時間生放送のアニメ複数一挙放送のうちのノーゲーム・ノーライフ、アブソリュート・デュオ、機巧少女は傷つかないの一挙放送を視聴しました。

ノーゲーム・ノーライフは依然見たことあったのですが、再び見ても色あせないほど面白くて良かったです。
何度見てもチェスと12話ラストにぎもんが残るのが残念。

アブソリュート・デュオは神の一人作画OPと\アブソリュートソー/しかしりませんでしたが内容もしっかりしていてよい感じ。
特にユリエのおかげで銀髪ロング貧乳敬語クールロリキャラは絶対正義だと確信が持てたのが良かったです(あとはABの天使ちゃんとか)。

機巧少女は傷つかないはアニメは初めてでしたが、可もなく不可もなく良い感じ(もっとも非常に中毒性のあるEDで全て持っていかれましたが)。
ただやっぱり原作では色々説明されていた部分が省かれているため、原作を知っているとちょっと残念。
ただし原作よりテンポはかなり良いため、一長一短といったところ。


とりあえずはこんなところかな。
しばらくは一挙放送もなく穏やかな感じ。
ではまたー

全D.C.Ⅱシリーズクリア!

ノベルゲーム:18禁
07 /15 2016
ということでおよそ一か月半かけて全D.C.Ⅱシリーズをクリアしました。

→一般・18禁PCノベルゲームのおすすめ一覧はこちら

各作品にかかった期間は以下のような感じ。

D.C.II P.C. 2016/5/27~2016/6/16 →20日

D.C.II S.C. 2016/6/17~2016/6/23 →6日

D.C.II T.Y. 2016/6/23~2016/6/26 →3日

D.C.II F.L. 2016/6/28~2016/7/5  →7日

D.C.II D.M. 2016/7/6~2016/7/15 →9日

かかった期間からもわかる通り、D.C.II P.C.は全ルートプレイすると非常に長いです。
一日5時間プレイしたと考えると100時間かかることに・・


ファンディスクはいずれも素晴らしい出来でしたが、D.C.II D.M.に関しては疑問が残るところ。

というのもDear to……に入るまで結構だらだらと伏線も何もない日常が続くため、結構退屈。
内容は義之の卒業と音姉との結婚生活ですが、似たような後日談なら他のファンディスクで散々見ているため食傷気味といわざるを得なかったです。

反面Dear to……は妊娠に関する知識を知れるほか、子供を産み育むことを追体験できるため子供を持つ感じが味わえて良かったです。

ただD.C.ⅢP.P.の内容を知っていないと途中の内容が何を言っているのかさっぱりわからなかったり、ラストが省きすぎだったり色々不満点も。
特にラストに関しては下手すると音姉の父親と同じことになる可能性があるため、そのあたりを解消してほしかったところ。

またジャンルはだだ甘純愛アドベンチャーとのことですが、正直D.C.Ⅱ茜ルートの方がはるかにいちゃラブして砂糖を吐きそうだったのでそれほどだだ甘でなかった感じ。

曲もOPにyozuca*さんを起用したものが少ないなどD.C.Ⅱらしくなく、逆にD.C.ⅡF.L.のグランドOPはまさに最後にふさわしいOPであるため、やっぱり色々残念。


もっともD.C.II D.M.以外の作品は文句なしの出来栄えなので一度プレイすることをおすすめします。


とりあえずはこんなところかな。
D.C.Ⅱは非常に感慨深い作品だったので、たまに読み返したくなるところ。
ではまたー

待望の機巧少女は傷つかない一挙放送!

日記
07 /14 2016
生放送ページ→http://live.nicovideo.jp/watch/lv268483242

ということでまさかの機巧少女は傷つかない一挙放送です。
二期すら決まってないどころか機巧少女は傷つかない公式アカウントも動きが止まっていたので非常に驚きました。

MF文庫Jの他のアニメの一挙放送の中に含まれているようで、情報をもらうまで全く知りませんでした。
この放送にはほかにノーゲーム・ノーライフやアブソリュート・デュオなど良作もあるため楽しみ。

ただ一気に全部放送するため、機巧少女は傷つかないは朝6時30分からと非情なことに・・
ノーゲーム・ノーライフですら22時開始ということは終わりが27時近いため色々非情。

おそらく全アニメ完走する人はいないと思いますが、私にとっては初めての機巧少女一挙なので楽しみです。


とりあえずはこんなところかな。
この生放送、開始が明日なので知らなければスルーするところでした。
ではまたー

タペストリー購入

日記
07 /11 2016
壁がさみしかったのでタペストリーを購入しました。

公式で販売しているものはいいのがなかったので適当な画像を業者に頼んでタペストリー化。
というより10年以上前のPCゲームなので公式グッズすらほとんどないです・・

実際のサイズは120cm×90cmとそれなりの大きさですが、元の画像サイズが1280×960と大きめでも実際の物には粗が出るので元画像は相当大きいほうが良さそう。

生地はクロスで上記の大きさで総計5000円程度なので、ほかに購入してもいいかも。


とりあえずはこんなところかな。
これを機にいろいろ増やしたいところ。
ではまたー

中二病でも恋がしたい!の一挙放送を視聴した感想

アニメの感想
07 /10 2016
TSページ→http://live.nicovideo.jp/watch/lv264493532

ということで中二病でも恋がしたい!の一挙放送を視聴しました。

このアニメはOPが有名で前々から気になっていたので、見れてうれしいです。

作画はけいおん風な感じで私好み。
もっともけいおん並みに癖はなく、今風に良い感じにアレンジされていました。
バトルや中二シーンも気合が入っていたほか、シリアスも難なくこなせたのはさすが。
特に10話、12話は必見。

内容に関しても中二病をテーマにしたラブコメでテンポが良くてよい感じ。
キャラもそれぞれ魅力的で、中の人の演技もなかなか良い感じ。
またOPEDにZAQさんが関わってる(ZAQさんの初出?)など、曲(の演出)も良い感じ。


とりあえずはこんなところかな。
やはり作画が良かったです。
ではまたー

Charlotte(シャーロット)の一挙放送を視聴した感想

アニメの感想
07 /02 2016
TSページ→http://live.nicovideo.jp/watch/lv267121274

ということでCharlotte(シャーロット)の一挙放送を視聴しました。

これまでのリアルに抽象的なファンタジーが入っている世界観とは異なり、リアルに具体的なファンタジーが入っている世界観と少し違う内容。
ほかにもリトルバスターズ!やAngel Beats!を想起させるネタがあったり、内容も伏線が張ってあったりとなかなか良かったです。

ただ11話以降がシナリオを考えていないのかと思うほどいまいちだったり、最終話に詰め込みすぎ感があったりと残念な点もいくつか・・
よく言われる通り、あと1、2話or1クールあれば後半の話がしっかりして良かったように思います。

もっともこれまでのKey作品同様モブがかわいいほか、ヒロインの友利が非常に良いキャラをしているので帳消しといった感じ。
特にドライな感じなヒロインはこれまでなかったので、新鮮で良かったです。
また目時が非常にかわいかったので彼女の個別ルートとかないのでしょうか。


とりあえずはこんなところかな。
ヒロインは文句なしのかわいさでしたがシナリオが惜しかったです。
ではまたー

Angel Beats!一挙放送を視聴した感想

アニメの感想
07 /02 2016
TSページ
前半→http://live.nicovideo.jp/watch/lv267120720
後半→http://live.nicovideo.jp/watch/lv267186363

ということでAngel Beats!一挙放送を視聴しました!

Angel Beats!がタイトルとあらすじしか知らず結末を知らなかったのですが、なかなか良かったです。
特にSSSvs天使という最初の対立構造に変化を加えた上、回想や伏線を入れたのはさすがといったところ。
このアニメでドナーカードに対して見方が変わった人もいるはず。

ラストは突然の手のひら返しに見えることもあり賛否両論でしょうが、個人的にはループ説はなさそうかなと思います(仮にループの場合EDの最後の演出の意味がなくなる)。

最後の伏線に驚かされたほか、10話は非常に感動しました。

ただ黒幕の正体などやラストの展開など、具体的に描かれていないので少しもやもやが残った感じ。
現在ゲームが開発中とのことなので完成すればわかるのかもしれませんが、いつになるのやら・・


不満点は少しあったものの、天使ちゃんが非常にかわいいので帳消しにしてくれました!
もっと声を聞きたかったのですが、役が役なので残念なところ。


とりあえずはこんなところかな。
もやもやは残ったものの世界観の構築はさすがでした。
ではまたー

Destructorの感想後記

日記
07 /01 2016
先日購入したDestructorですが、ステージ600を超えても何もなさそうなのでひとまず終わりな感じ。

こういったランダム生成シューティングの宿命ですが、いかに飽きさせないようにするのかが割と大事かと思ったり。
その点本作は装備の強化や実績取得、敵を倒しまくる無双感と良さそうな点がそろってたのですが、装備の強化も実績取得もそれほど良くなかったのが残念。


まず装備の強化に関して。
本作の装備の強化は強化完了まで時間がかかるのですが、その時間がレベルが上がるほど長くなります。
一度に強化は3つしかできない上、ステータスアップ系は強化してもそれほどステータスが上がらないため強くなった実感がわかないのが残念(10分待ってステータスが3上がるとか)。
一応裏技を使えば待ち時間を短縮できると思いますが、それを使うなら最初から待ち時間はなかった方がテンポが良かったのでは・・


もう一つの実績に関しては、実績数が少なすぎること。
確認した限りでは、ステージ攻略回数は10回、プレイ時間は5時間、総取得メモリ(=お金)2000万、ステージは100までと実績がなくかなり少ないです。
ステージ100まではだいたい3時間もあれば行けるので、プレイ時間5時間も少し長め。
総取得メモリ2000万は多そうに見えますが、「総」取得なのでかなり楽に行けます。
特にステージ500などになると一度で1000万以上稼げるので、一度に取得したメモリでもよかったのでは。

実績取得=装備追加も兼ねているため実績が少なかったのかもしれませんが、最終的な自機ステータスはそれほど高くならないのでステータスアップ系の実績もあってよかったのでは。


ちなみに一番の敵は敵弾ではなく高速で飛んでくる敵だったり。
ある程度進むと敵弾を無効化できますが、敵自体は無効化できない+敵に当たると連続ダメージを受けて即死する場合がある+敵のグラフィックがないのに当たり判定がある場合がある(確認した限り当たると即死)となり、最終的には近距離攻撃でひたすら目の前の敵を倒さないと物量に押されて死ぬことに・・(火力を上げる方法もありますが、上記の通り結構時間がかかります)

他にも自機の色が白+敵にあたると強制移動させられる+後半は敵の物量が増えるため自機を見失うことが多かったり、3ラインしか装備強化していないのにクッキークリッカー系のブラウザゲームよりはるかに重かったりする欠点も・・


欠点もそれなりに多い本作ですが、無双感はそれなりにあったのが良かったです。
それだけに欠点があまりなかったらもっと良い作品になっていたと思います。


とりあえずはこんなところかな。
ランダム生成シューティングとしてはそれなりに良かったのに色々と残念でした。
ではまたー